別れたくない男性必見!彼女が彼氏と別れる理由ベスト10

無料プレゼント
あや先生
ラブアカデミア教授の永峰あや(@delightcolour )です♡あなたは次のようなことで悩んでいませんか?
  • 「突然、彼女に”距離を置こう”と言われて…理由がわからないし、どう対処すればいいの?」
  • 「なんで彼女が別れを切り出したのか、理由を知りたい!」
  • 「彼女がなんで僕を振ったのか、理由がわからなくて立ち直れない…」

今回は、彼女が彼氏に別れを切り出す10の理由についてお伝えします。

彼女がなぜあなたに別れを切り出したのか?別れの理由を明確にして、「彼女と修復・復縁したい!」という願いを叶えましょう。

「新しい恋愛に踏み出せない…」そんなモヤモヤを解消して、新しい恋愛に踏み出しましょう!

あや先生
どんな別れる理由も、明らかにして見せる!じっちゃんの名にかけて!

1.彼女が彼氏に別れを切り出す10の理由

私の恋愛カウンセリングにおいて、

  • 「彼氏と別れようかどうか悩んでいる」
  • 「彼氏に”別れたい”と言っているのに、別れてくれません」
  • 「彼女に振られて辛いです」
  • 「別れた彼女と復縁したいです!」

という男女の声を集計した結果、彼女が彼氏と別れる理由は、主に次の10個になりました。

【彼女が彼氏に別れを切り出す10の理由】

1.セックスが嫌だから

2.自信のなさ・コンプレックスを改善しないから

3.嫉妬・束縛をするから

4.連絡の頻度が減ったから

5.じっくり話を聞いてくれないから

6.「ありがとう」「愛してる」など愛情表現をしなくなったから

7.外見・容姿を指摘するから

8.結婚を真剣に考えてくれないから

9.価値観が合わないから

10.他に好きな人ができたから

 

女性が彼氏と別れたいと思う理由は一つではなく、いくつかの理由が積み重なり、別れを決意すケースが大半です。

次に、上記の10の理由の詳細をひとつづつ説明していきます。

複数当てはまることを予測しながら、あなた自身の別れの理由を明確化してくださいね。

1-1.セックスが嫌だから

女性からの恋愛相談で、言葉を振り絞るように、小声で、やっとの思いで訴えられることが、「彼氏とのセックスが嫌だから別れたい」ということです。

あや先生
次の、どれか一つでも当てはまるものがあれば、残念ながらアウトです。チーン。ご愁傷様。

【女性が嫌がる13のセックスプレイ】

☑️「今日はセックスしたい気分じゃないから…」と断ると不機嫌になる

☑️セックスを断ったにもかかわらず、無理やりする

☑️コンドームで避妊をせずに、ナマで挿入する

☑️痛いだけだなのに、イクふりをしないといけない

☑️髪を撫でる、抱きしめる、オッパイやクリトリスの愛撫などの前戯なしに、いきなり男性器を挿入する

☑️男性だけ先にイって勝手に満足している

☑️精液を飲ませる、顔射、お掃除フェラをさせる

☑️潮吹きさせようと必死になる

☑️「奥まで」「イクまで」とフェラチオを要求する

☑️やたら体位を変えて試す

☑️アナルセックスをする

☑️体中をべちょべちょ舐めてくる

☑️執拗な言葉責めをしてくる

 

多くの男性が、アダルトビデオをお手本にし、生身の女性とのセックスにのぞんでいます。

しかし、アダルトビデオは、男性が喜ぶ商業用に作られたもので、実際の女性であれば嫌悪し、心身ともに傷つく行為が大半です。

例えば、「潮吹き」は世の男性達を喜ばせるために、AV女優さんが撮影前に8リットル以上の水を飲んでがんばっているからこそなせる演技パフォーマンスです。

「潮吹き」の水を、「愛液」と勘違いしている男性がけっこういますが、膣を激しくこすると、尿道と膀胱が刺激されて尿が吹き出しているにすぎません。

あや先生
「潮吹き」はプロフェッショナルな紗倉まなちゃんだからできることであって、一般女性にできる技ではありません。

また、社会的に「女性が性的なことを積極的に話したり、性に関して奔放であることはよくない」という通念があるため、「セックスに関して彼氏に話せない」と思っている女性が多いです。

「彼氏のことが好きだし、嫌われたくない…」という思いから、望まない妊娠や性病になるまで我慢してしまう女性も少なくありません。

自分だけの思い込みではなく、会話を通して、お互いの感じ方や好みを伝え合いながらセックスるするようにしましょう。

あや先生
何度も言いますが。お尻の穴をうれしそうに差し出してくれるのは、篠田あゆみさんだからです。一般女性には無理!ってことを五臓六腑に叩き込んで、これからは思いやりのあるセックスをしましょう。

1-2.自信のなさ・コンプレックスを改善しないから

自分の自信のなさ・コンプレックス・不完全さを埋める代用品として彼女の愛情を搾取していると、相手は「重い」「都合のいいように利用されている」と感じ、別れを切り出します。

人は、親の期待、世間体、学歴・収入などを気にして、外界に合わせているうちに、自分らしさを見失い、痛みの感情やストレスが蓄積されていきます。

  • 親に「ダメだ」と否定されないように、顔色をうかがい、期待に応える良い子になる
  • 「普通」というレールから外れるのが怖いから就職活動する
  • 友達から嫌われないようにキャラを演じて、自分の価値観を歪める

このような過程で、無意識のうちに、

  • 「本当にやりたいことがわからない、自分がない人間だ…」
  • 「何をやっても思うような結果が出せないダメな人間だ…」
  • 「他の人に比べて、能力が低く、人間的な魅力もない…」
  • 「他の人に嫌われるのが怖い…」
  • 「人見知りで、他者とのコミュニケーションがうまくできない…」

など、自信のなさ・不安・孤独・劣等感・欠乏感などが蓄積されます。

そこに「救世主」として現れるのが、「恋愛関係」つまり「彼女」という存在です。

彼女が、「好きだよ」と優しく愛情を注いでくれているうちは、自信のなさ・不安・コンプレックスなど不完全な感覚の全てが満たされます。

しかし、彼女が男性のニーズを満たし損ねた時、覆い隠していた、自信のなさ・不安・コンプレックスがどっと溢れ出し、それを彼女のせいにします。

  • 「俺より女友達を優先するなんて、本当に俺のこと好きなの?」
  • 「上司にダメ出しばかりされる。お前も、本当は俺のこと、ダメな奴って思ってるんだろ!」
  • 「僕のこと責めてるの?結局、僕が悪いってことね」

彼女を責めたり、自分のペースに引き込んだりして、相手からの愛情や思いやり、賞賛を引き出そうと不健全に利用します。

このように、一方的に搾取され続けた彼女は、心身ともに疲弊し、別れを切り出します。

彼女は、自信のなさ・コンプレックス・不完全さを埋める代用品ではありません。

自分の弱さに責任を持ち、しっかり改善していくようにしましょう。

あや先生
男の子だって弱くてオッケー!自分の弱さを認めてこそ、真の強い男といえるのだ!

1-3.嫉妬・束縛をするから

彼氏に不安・嫉妬の感情をぶつけられたり、時間や行動の自由を制限する過度な束縛をされると、女性は、心が傷つき、心身ともに疲弊するため、別れを告げます。

  • 「なんで、他の男と話すんだよ!」とキレる
  • 「他の男と話してる時、やたら笑顔だよね。誘ってるの?」と嫌味を言う
  • 「僕以外の男と、LINEするなんてひどくない?本当に僕のこと好きなの?」と拗ねる

など、自分の嫉妬の原因を彼女のせいにして、批判的な言葉を浴びせれば、相手は傷つきます。

  • 他の男性と話をしたり、メールのやり取りをしないよう強制する
  • 他の男性がいる飲み会やレジャーの場に行くことを禁じる
  • 胸元が見えない、膝が隠れるような服装をするよう強制する

など、行動を制限されると、彼女は窮屈さと重圧で、心身ともに疲弊します。

何よりも、このような束縛は、彼女を「彼氏から信頼されていない」という思いにさせます。

愛する相手から信頼されていないことほど悲しいことはなく、関係を継続させることが困難になります。

彼女に対する恋愛感情があれば、嫉妬するのは当然で、嫉妬すること自体は悪いことではありません。

逆に、全く嫉妬しなければ、「本当に私のことが好きなの?」と、疑われかねません。

彼女の行動・言動は、男性の嫉妬を引き起こす「刺激」にはなっても、「原因」にはなりません。

嫉妬を彼女のせいにするのではなく、自分の感情に責任を持ちましょう。

そして、嫉妬のおおもとにある、「本当に必要としていること」を明確にしましょう。

男性
君が他の男性と話しているのを見て、嫉妬したし、不安になった〈感情に責任を持つ〉。なぜなら、僕だけのことを好きでいてほしいから〈必要としていることを明確にする〉。もしよければ、僕とのデートを、2週間に一回から1週間に一回に増やしてもらえないかな?〈具体的に伝える〉

このように、嫉妬の感情に責任を持ち、必要としていることを明確にして、彼女に伝えられれば、恋愛関係を再構築できるようになるはずです。

あや先生
「嫉妬する男は女々しいからダメだ!」って自分を責めないでくださいね。嫉妬は誰でもするもの、あなたは悪くないです。みつをも言っています。「だって、、、人間だもの 🙂 」大事なのは、嫉妬した後の対処法です。

1-4.連絡の頻度が減ったから

女性は、彼氏からの連絡が付き合う前より減ると、自分に対する愛情がなくなってしまったのかもしれない…と不安になります。

そして、「もっと連絡してよ!」と彼氏に不満を訴えたり、「嫌われたくないから自分ひとりでなんとかしよう…」と不安を我慢して、さみしさを解消しようとします。

しかし、彼氏が何の対処もせず、連絡の頻度に変化がないと、彼女のさみしさが限界に達します。

その結果、「私ばっかり頑張っているのに報われない。何をやっても愛されないなら別れよう」となってしまうのです。

男性にとってLINE・メール・電話は、単純に「連絡のための道具」です。

男性は、特に連絡することがなければ、メールや電話をしません。

一方、女性にとってLINE・メール・電話は、「お互いの気持ちをわかちあうためのコミュニケーション」です。

女性にとって「連絡頻度=愛情」なのです。

あや先生
相手のことを愛していれば、何かしら連絡を取るものだという女性心理を理解してあげてちょんまげ!

1-5.じっくり話を聞いてくれないから

女性は、彼氏に自分の話をじっくり聞いてもらえないと「愛されていない」とまで感じてしまいます。

女性は、誰かに(特に、パートナーである彼氏から)、自分の話をじっくり聞いてもらい、気持ちをわかってほしいと望んでいるのです。

女性は、日常の仕事や人間関係で感じた、うれしい、悲しい、つらい、さみしい、イライラした、心地よいといった感情を、共感的に聞いてもらうことで、彼氏の自分への愛情を実感します。

しかし、男性はそのような女性心理が理解できず、彼女の問題を解消して楽にしてあげようと考え、アドバイスや解決策を与えます。

ただ親身になって「わかるよ」と感情移入して聞いてほしいだけの女性にとって、男性のアドバイスや解決策は、余計に落ち込ませたり、イライラさせたりと彼女を追い詰めます。

男性にとって女性の話は、あいまい、遠回しで、聞くに堪えないのは、内容(事実)よりも、内容の背後にある感情を伝え、理解を求めているからです。

あや先生
アドバイスより共感がほしい女性心理を理解することが大切です。

1-6.「ありがとう」「愛してる」など愛情表現をしなくなったから

女性は、男性が具体的な言葉で「ありがとう」「好きだよ」「愛してる」と愛情表現をしてくれないと、「愛されていないのね」と不安になります。

繰り返しになりますが、女性にとって、日々の会話・メール・電話などのコミュニケーションは、「お互いの気持ちをわかちあう」ためのものです。

女性は、コミュニケーションがあって、初めて愛情を伝い合えると考えます。

一方、男性にとってコミュニケーションは、「情報伝達の道具」です。

男性同士の会話の大半は、仕事・政治・趣味などに関する情報伝達であって、うれしい・さみしい・悲しい・つらいとなどの気持ちをわかちあいは一切されません。

私のカウンセリング中、多くの女性が「付き合う前は、あんなに好きだって言ってくれたのに…。今は全然言ってくれません」と嘆きます。

付き合う前の男性は、「好きって言わないと、付き合ってもらえない」と思って、意中の女性を振り向かせるために、会話という道具を使っているにすぎません。

しかし、意中の女性と付き合えると、男性は、「付き合っているんだし、わざわざ彼女の気を引くことをしなくても大丈夫だろう」と思って、「ありがとう」「好きだよ」「愛してる」といった愛情表現をしなくなります。

この愛情表現の減少を、女性は、「もう私のことを愛していないのね」と解釈し、不満・不安・さみしさに耐えられず、別れを切り出すのです。

1-7.外見・容姿を指摘するから

社会の中で、男性は「強さ」「知性」「経済力」があることが男らしさとして求められ、女性は「美」「従順」「家庭的」であることが女らしさとして求められます。

女性は、容姿の美醜が社会的評価に直結するため、自分の顔・体型・服装について指摘されることに敏感です。

そして、男性は、女性を性愛の対象として評価する際、「美しいかどうか」という「美」を基準にする傾向が強いです。

女性向けの雑誌やウェブサイトには、「愛されメイク」、「LOVE恋に効くファッション」など、男性に理想的に映る服や化粧品が推奨されています。

特集ページには、イケメン大学生やビジネスマンが登場し、「こんな女性がいい!」と、好感のもてる女性像について、あれやこれや語っています。

このような事情から、女性は、日頃から、男性の視線を意識して、膨大な時間とお金を、肌や体型磨き・メイク・服装・アクセサリーなどのおしゃれに費やしています。

しかし、自分の楽しみとして外見磨きやおしゃれをするのではなく、男性目線にむりやり自分を合わせようとすることは、女性を疲弊させます。

そんな最中、彼氏から、

  • 「もっと痩せたほうがいいんじゃないの?」
  • 「最近、肌荒れひどくない?女の子なんだから、気をつかいなよ」
  • 「俺、パンツよりスカートのほうが好きだな。髪もロングにしてよ!」

と、外見や容姿について指摘された彼女は…。

  • 「彼に好かれるように、がんばることに疲れました。別れたいです」
  • 「会うたびに、ダイエットしろとか言われて…。これ以上傷つきたくないから別れます!」
  • 「一生懸命おしゃれしてるのに、彼氏にダメ出しされてばかりで…。もう顔も見たくないです!」

彼の容赦ない指摘に、身も心も擦り減らし、別れを告げるのです。

彼女の容姿・外見について指摘は絶対にしないようにしましょう。

アシタカ
生きろ、そなたは美しい

 

あや先生
いやいや、アシタカさん、あなたのようにストレートに褒めるのは、初心者にはハードルが高すぎます。

  • 「前髪、少し短くした?とても似合ってるね」
  • 「ピンクのネイル、春らしくて素敵だね」
  • 「今日の靴、とてもおしゃれだね」

など、彼女の好みを尊重し、髪型・服装・小物・ネイルなどを褒めるようようにしましょう。「ちょっとした変化」を褒めることが、女性を喜ばせるコツです。

 

3-8.結婚を真剣に考えてくれないから

男性にとって、恋愛は楽しくても、結婚、妊娠、出産、子育ては想像しづらく、他人事と感じてしまう人もいます。

一方、女性にとって、「恋愛と結婚・妊娠・出産・子育ては直結している」のです。

結婚・出産を真剣に望んでいる女性は、彼氏がそれに対して明確な決断ができず、答えを先延ばしにしていた場合、将来が見えず不安になり、別れを切り出します。

女性は、「子供を産む性」であり、母子ともに健康的に出産できる年齢にも制限があります(※日本産婦人科学会によると、35歳以上の初産婦は高齢出産と定義されています)。

そして、女性は、結婚すると、出産、仕事を休業、育児、職場復帰などライフスタイルが大きく変化します。

このような事情から、多くの女性は、例えば、

  • 27歳までに結婚したい
  • 28歳までに子供を産みたい
  • 育児休業を1年間とって、2年程度職場復帰してから第二子を出産しよう

と、恋愛・結婚・出産・キャリアに関して、具体的なビジョンを持っています。

しかし、彼氏が結婚について、いつまでも煮え切らない態度でいると、彼女のライフステージ全体が崩れてしまいます。

場合によっては、子供を産み育てたいという望みを、断念しなければならないということもあります。

また、社会的に、結婚=女性のしあわせという風潮があります。

例えば、職場に同じ30歳の独身の男女がいた場合、男性よりも女性のほうが、周囲から「まだ結婚しないの?」「もう30歳なんだし、早く結婚して子供産まないとダメよ!」など、強い風当たりを受けます。

このような周囲の心ないプレッシャーに、女性は、「結婚していない自分はダメだ」と、不安や劣等感を強め、「早く結婚しなければならない」と焦ります。

なので、彼氏が結婚について真剣に考えてくれず、先延ばしすると、「この人の決断をいつまでも待っていられない」と別れを告げるのです。

あや先生
女性という「性」の特性、「社会的役割期待」から発生する心情を理解する。今、現在の関係性だけでなく、結婚・出産に関して配慮できる。そんなやさしい男性になって、大好きな彼女をしあわせにしてあげてくださいね!

3-9.価値観が合わないから

私のカウンセリングでも、多くの男女が「価値観が合わないから別れたい」といいます。

仕事に対する考え方が同じ、趣味が同じなど、価値観が合うと、互いを承認しやすく、親近感も高まります。

しかし、人間は十人十色。育った環境がそれぞれ違うので、価値観が合わない部分が当然出てきます。

特に、日本は「同調圧力」が非常に高い社会です。

「みんなと同じ」は良いこと、「みんなと違う」は悪いことという、暗黙のプレッシャーがあります。

そのため、恋愛関係はもちろん、すべての人間関係において「価値観の違い」が発生した際に、対処法がわからず、関係を壊してしまいます。

  • 話し合いで彼女を論破し、自分の価値観のほうが正しいと認めさせた
  • 彼女の価値観を馬鹿にしたり、悪いものと決めつけ批判した

など、お互いの「価値観の違い」を尊重し、違いから発生する事象に柔軟に対応できないと、どちらかが別れを切り出すという結末になってしまいます。

  • 彼女に嫌われたくないから、自分の考えを歪めて無理やり相手に合わせてきた

これは、一見、違いを尊重しているようですが、自分の価値観をないがしろにし、かつ、相手の価値観に対する心からのリスペクトではなく、「嫌われたくない」という回避的な動機のため、うまくいきません。

  • 「あなたが何を考えているかわからないから別れたい」
  • 「何でいつも私に合わせてばかりで、本音を言ってくれないの?信頼してくれてないなら別れましょう」

となってしまうのがオチです。

必ずしもあなたの善が、彼女の善になるとは限りません。

あなたの善が、彼女の悪になり得ることは前提で、とりあえずお互いの意見を全て投げ出してみる。

そして、それぞれの「正しさ」を丁寧に取り扱いながら、自由に価値観や感情を交流させ、最終的に、多様な意見をとりまとめ合意形成をはかるようにしていきましょう。

3-10.他に好きな人ができたから

彼氏よりも魅力的な男性が現れると、女性は比較検討した結果、別れを切り出します。

  • 「福山雅治と同じぐらい顔がカッコ良い!」
  • 「孫正義と同じぐらい年収が高い!」
  • 「白鵬と同じぐらい力が強い!」

など他の男性が、彼氏より何10倍も魅力的だから別れを切り出し、乗り換えるというわけではありません。

  • 「彼氏よりマメに連絡をしてくれる♡」
  • 「彼氏よりじっくり話を聞いてわかってくれる♡」
  • 「彼氏は外見や服装をけなしてくるのに”かわいいね”と褒めてくれる♡」

他の男性が、これまで挙げた、「別れの9の理由に当てはまらない健全な男性だから」ということにすぎません。

  • 他の男性が、彼女が「求めていること」を与えてくれたから
  • 他の男性は、彼女が「求めていないこと」をしないから

だから、彼女は、他の男性が好きになり、彼氏に別れを切り出したのです。

あや先生
つ、ま、り。特別魅力的な男性になる必要はなく、別れたい理由を自覚して、改善することができれば、別れを回避し、愛情関係を再構築できるということです。

まとめ

彼女が彼氏と別れる理由は、主に次の10個です。

【彼女が彼氏に別れを切り出す10の理由】

1.セックスが嫌だから

2.自信のなさ・コンプレックスを改善しないから

3.嫉妬・束縛をするから

4.連絡の頻度が減ったから

5.じっくり話を聞いてくれないから

6.「ありがとう」「愛してる」など愛情表現をしなくなったから

7.外見・容姿を指摘するから

8.結婚を真剣に考えてくれないから

9.価値観が合わないから

10.他に好きな人ができたから

女性が彼氏と別れたいと思う理由は一つではなく、いくつかの理由が積み重なり、別れを決意すケースが大半です。

彼女がなぜあなたに別れを切り出したのか?別れの理由を明確にして、修復・復縁のチャンスにつなげる!心残りだった疑問を解消して、新しい恋愛に踏み出してくださいね!

永峰あや♡

無料プレゼント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です