したいのは恋愛ではなく…「友情結婚」僕らしいパートナーシップの作り方

【無料プレゼント】『一瞬で女を落とす女性心理操作術』を今スグ受け取る

無料プレゼント

あや
どうも、ラブアカデミア学長/恋愛相談師の永峰あやです。

あなたは今、

「恋愛のドキドキ感がわからない!」

「男らしさって本当に必要?」

と悩んでいませんか?

今日は「恋愛のドキドキ感がそもそもわからない、、、」と落ち込んでいた日々を乗り越え

社会常識から解放され、自分らしいパートナーシップのあり方に辿り着いたゴールド男にインタビュー。

男を磨いて自信と愛する人を手に入れる『Man Of Gold Program(MOGP)』

の実践レポートをお伝えします。

イノウエさん

どうも、イノウエです。よろしくお願いします。

あや

イノウエさん、今日はよろしくお願いします!

あや

友情結婚ってなんぞや!?と思っていらっしゃる方も多いと思います。

早速、ねほりんぱほりんイッちゃいたいと思います!

イノウエさん

はい、根掘り葉掘り聞いちゃってください!

【Man Of Gold Programとは?】

  • その人の内側に本来備わっている「オリジナルの魅力(ゴールド)」を発揮して、自信が持てるようになる。
  • 自分を変えて、”理由なき利他性の心”から思いやりを与えられるように自己成長する。
  • 大切な人と、対等に協力し合う愛の関係性を築けるようになる。

を目的としたプログラムです。

このゴールを達成するために、

  1. Principle(プリンシプル):あなたオリジナルの原理原則を作る
  2. Compassion(コンパッション):心の感度を上げて、女性心理がわかるようになる
  3. Communication(コミュニケーション):心と心をつなぎ、愛のキズナを作る表現力を磨く

の3つの支柱に基づいて、カリキュラム・サポートを進めていきます。

※プログラムの募集は不定期でメルマガ読者だけに案内しています。

参加したい場合は、永峰の公式メルマガ「即効復縁LINE術講座」に登録してくださいね。

恋愛ができない悩みがマグマのごとく溜まっていたんです

まずはプログラム参加前のイノウエさんの状況について、伺いました。

あや

プログラムに入るきっかけって何かあったんですか?

イノウエさん

入る前は、恋愛がとにかくうまくできなくて、恋人はがずっとできない状態でした。

女友達はいるんですけど、そこから先、恋人という関係になるにはどうしたらいいんだろう?ってずっと悩んでて。

あや

恋とはなんだろうという、哲学的な問いを突き詰める感じだったんですね。

イノウエさん

はい。それで永峰さんの本を読んで、メールマガジンも登録させてもらって。

「あ、こういう講座があるんだ、面白そう!」と思って入りました。

あや

なるほど、ありがとうございます!嬉しいです。

具体的にプログラムに参加して気づいたことってありますか?

イノウエさん

プログラムの課題図書を読んで、

親との関係性のあり様が恋愛に影響すること

がわかったのが大きいですね。

実家での生活も長かったので、刺さるものがありました……。 

あや

親との関係の悩みって、実はイノウエさんだけじゃないんです。

私、今の仕事を始める前は、恋愛の情報なんて全然発信してなかったんです。

たまたま自分のサイトで電話相談を受け始めたら、9割以上が恋愛の相談だったんです(笑)

イノウエさん

悩みのバリエーションって、少ないですね(笑)

あや

そうなんです、全国の皆さんの多くは恋愛に困ってるみたいで(笑)

でも恋愛から話が進んでいくとみんな口をそろえたように、

  • 「親に分かってもらえなかった」
  • 「お父さんとお母さんがこうだったから」

という、親に対しての苦しみや、親への怒りの話になっていくんです。

イノウエさん

そうなんですか、、、。

あや

親子関係って人が生まれて初めて築く、一番近い親密な関係ですよね。

なので、親子関係をそのまま他の人間関係にも応用していくんです。

特に恋愛では色濃く親子関係が表れてきます。

そこをしっかり理解すると、恋愛や対人関係の築き方が変わるんです。

イノウエさん

親子関係を改めて見つめるのって大事ですね、、、。

あや

そうなんです。

イノウエさんの親子関係はどんな感じでしたか?

イノウエさん

自分と親との関係は、父親は仕事人間だったので、関わりが薄かったです。

母親とは特に…愛情がどうのって話もしなかったですし。

それに、、、。

あや

それに?

イノウエさん

父と母も、お見合い結婚なんですけど、恋愛や愛情の雰囲気が家の中にあまり無くって、、、。

築くべきロールモデルが近くに無い感じでしたね。

あや

そうだったんですね、、、。

イノウエさんの両親は、別に仲が悪いわけではないんだけど、感情のやり取りは薄いし、愛情表現をする感じでもない。

家族間で喜怒哀楽を吐き出すような関係でもなかったんですね?

イノウエさん

そうですね。

穏やかといえば穏やかで、悪い親じゃないんです。

あと言えるのは、自分は妹と2人兄弟で、父親がいないと女性ばかりになるので、女性に対する特別感も薄かったことが恋愛に影響しているかもしれないですね。

あや

うーん、なるほど。

そんな環境もあって恋愛できない自分に悩むところから、今ではすごく成長されたと思うんですが、何か「ここは変化あったな」という事があれば教えてください。

変化その1 あるべき論から解放され、女性と気楽に「2人っきり飲み」ができた!

 

イノウエさん

先日、ちょっと話しやすい女友達に「飲みに行こうよ」と誘ったんです。

その時は「1、2時間ぐらいしゃべれればいいかな」と、練習のつもりで行ったんですけど、何か不思議としゃべれてしまって(笑)

4時間以上、お互いのプライベートな深いところまで話せて、進歩だと思いましたね。

あや

おお〜凄い!

思い出したんですけど、女友達を誘う前に、「勇気が要るんですよ〜」って言ってましたよね。

イノウエさん

そうですね、緊張してましたね。

あや

今のイノウエさんを見ていると、女性を誘って2人きりで出掛けたりするのは普通な感じがしますね。

余裕が出たというか。

イノウエさん

そうですね。

恋愛とかってセオリーというか、暗黙の了解みたいなのがあるじゃないですか。

2人で何回か会ったら、付き合う方向に頑張って持っていかなきゃいけない!とか、告白しなきゃいけないとか。

そんな思い込みから、解放されて楽になった感じがします。

あや

そうだ!その調子で思い込みなんか、ドンドン無くしていきましょうっ!

イノウエさん

普通の友達のように、当たり前の人間関係を構築すればいいんだ、と思うことで女性と二人で会うことの抵抗感が激減したのは事実ですね。

、、、なんだか、前とは考え方が変わった感じがしますね(笑)

あや

恋愛ハウツーの情報を見てると

  • 「女性を落とす」
  • 「こういうふうにやって誘う」
  • 「2回目のデートにつなげたら告白する」

など、そんなのが多いですよね。

イノウエさん

ホント多いですね。

あや

そういう情報だけを見ていると、恋愛は特殊なものだと勘違いして、尻込みしちゃうじゃないですか。

イノウエさん

自分もほんとそのタイプでした。

「これができなかったら駄目なのかな」とか、「男らしくしないとな」と思ってしまいますよね。

あや

恋愛関係も人間関係の一部。

普段通りに相手を理解しようとか、普通に自分のことをを伝えようとか、そんなフラットな気持ちで話したらからこそ、イノウエさんは飲みに言った女性と自然と深い関係になれたんですよね。

イノウエさん

そうですね。

力を抜いたからこそできた事だと思います。

あや

イノウエさんの努力、尊い、、、。

変化その2 唯一無二、自分オリジナルのパートナーシップを探り当てた!

 

あや

特に、私がイノウエさんの成長プロセスで良かったと思うのが、世間が思う男性像どおりに振る舞わなかったことだと思うんです。

世の中の恋愛って、男の人がデートに誘って、付き合って、ドキドキさせなきゃという傾向があるじゃないですか。

イノウエさん

ありますよね。

男性が頑張らなきゃって。

あや

ありますよね。

でも、私は必ずしもそうじゃないと思ってます。

人それぞれ全然違うし、男とか女とか関係なく、まず自分らしくあることが大事。

そして、各人が自分らしいパートナーシップを見つけられたらいいと思うし、それを実践できてるのがイノウエさんだと思ってます。

イノウエさん

そうですね、、、。

最初は恋人を作りたい!ちゃんと恋愛できるようになりたい!と思ってたんですけど。

最終的には、そこに全然こだわる必要ないなって感じになってきていていますね、今のところ。

あや

そうなんですね。具体的にはどういう考えになったんでしょうか。

イノウエさん

結局自分が欲しいのは、恋愛そのものがしたいっていうよりは、

ちゃんとしたパートナーシップを結びたい

のが本質だとわかったんです。

だから、必ずしも、「恋愛が必須ではないよね」と思うようになりました。

あや

めちゃめちゃ大きな変化ですね!

イノウエさん

はい(笑)

特定の誰か一人に恋して突っ込んでいかなくても、いろんな人とちゃんと仲良く知り合っていって、そのうちの誰かとちゃんと深いパートナーシップが結べれば、それでいいのかなと今は思えてます。

あや

読者の方の中にも、イノウエさんと同じように、

「みんな恋愛はドキドキしなきゃいけないとか、女は落とすものだとか、そういうのをやらなきゃいけないのかな?

でも自分はあまりそういうのは求めてなくて、本当に分かり合える人がいたらいいんだけど、、、」

という人も、多いんです。

イノウエさん

そうなんですね。

あや

そういえば、いろんなイベントに参加されて、勉強してましたよね。

そこから何か感じること、ありました?

イノウエさん

永峰さんの記事にもある、ポリアモリーのきのコさんっていらっしゃいますけど、その方のイベントに参加して話聞いてみたり、本読んだり。

あや

ポリアモリーは1対1の恋人関係ではなく、関係性を結んで愛せる人が複数いてもいいという考え方ですよね。

イノウエさん

自分の価値観の中にはなかった考えに触れて、既成概念の呪いみたいなものを解いたら、ますます気持ちが楽になりました。

変化その3 アセクシャルの存在が、真の欲求に気づかせてくれた!

 

イノウエさん

それともう一つ、たまたま見つけたイベントがアセクシャルを語る会だったんです。

アセクシャルとはざっくり言うと、恋愛感情や性的欲求がない人たちの総称なんですけど。

「もともと恋愛ができない性的指向の人もいるんだ」というのは、すごい発見でした!

あや

初めて知った時は、天地がひっくり返るような衝撃ですよね。

イノウエさん

「もしかしたら自分もそういう傾向があるかもしれない」

と思うとちょっと安心感も生まれたりして、、、。

世間一般で言われている恋愛観と全然違うものを知ると、自分の今までが肯定される感じがあって、「今のままの自分で良かったんだ」と思えましたね。

あや

世間一般の人を見ていると、ドキドキして好きになって、告白して付き合う、それで結婚しますよね。

結婚して、最初の恋愛の状態が続かなかったら、やれセックスレスだ、もう離婚だ、みたいになっていく流れしかない。

イノウエさん

常識というか、それが普通って思ってることありますよね。

あや

でも、複数の人とオープンに関係を持つあり方とか、そもそも恋愛感情は抱かないという人たちを見て、イノウエさんは楽になったし、「自分らしいパートナーシップがあるんじゃないか」と気付けたんですね。

イノウエさん

その通りです。

同じ悩みを持ってる人が世の中にいて、仲間がいるのは本当に心強いです。

自分だけじゃないんだって。

あや

そうですよね。

イノウエさん

以前なら全く思わなかったんですが、今は、

「自分らしく、自分が好きなように、心地いい関係性を築くことを考えたらいい」

と思ってるんです。

例えば、アセクシャルの人たちの中には、セックスしたくないという人がいるんです。

でも、セックスしないからといって愛情が無いわけではないし、短絡的に決めつけることってないよなと感じてます。

あや

色々ですよね。十人十色。

それにしてもイノウエさんの進化が凄すぎる、、、!

イノウエさん

様々な人の考えを知ることがきっかけになって、これまでよりも深く考えられている実感がありますね。

恋愛苦手OK!友情結婚という多様な生き方のススメ

 

あや

精神科の病院で働いてたときの経験から言えることなんですけど、

自分のことを心からわかってくれる人がいるか、いないか

が、すごく大事だと思うんです。

理解者がいなかったら本当に人は自殺していったり、病を乗り越えられなかったりします。

でも、わかり合える、深い関係さえあれば、好転していくんですよね。

それが別に夫婦じゃなくてもいいし、友達でも兄弟でも他人でもいいんですよね。

イノウエさん

そうですよね、、、。

あや
 

今回、イノウエさんが気づいて実践していることはとてもすごいことだし、多様なあり方を体験として語ってくれたのは、この記事の読者にとって貴重な機会になっていると思います。

このインタビュー記事を見て

「自分らしいパートナーシップを考えてみよう」

と思える人もたくさんいると思うので、語ってもらえてうれしいです。

イノウエさん

自分もいろんな情報を見つけて安心できましたし、行動して良かった!というところもあるので、私の話がいろいろな人のきっかけになるとうれしいです。

あや

なると思いますよ。

イノウエさん

恋愛と友情ってグラデーションだと思うんですよね。

  • 「この人は恋愛2割、友情8割だな」
  • 「この人は結構好きだから、恋愛関係6、友情4ぐらいかな」

って普通にあるかなと思っていて。

あや

恋したら100%恋!って極端ですよね。

割合はタイミングによっても揺れるものですからね。

 

イノウエさん

あと、最近見つけたのが、友情結婚というやつで。

様々な性的指向の人たちが、恋愛ではないけど一緒に住んだり、生活を共にするのっていいなと。

「逃げ恥」ってドラマもありましたよね。

あや

ありましたね、ガッキーと星野源が出てる。

恋ダンス、踊りましょうか?(立ち上がる永峰)

イノウエさん

いえ、結構です(にこっ)

あれも、最初は契約結婚みたいな感じで、一緒に住んでるうちにお互い好きになっていきますよね。

そういう入り口もアリかな、と思います。

恋があって結婚じゃなくて、取りあえず一緒に住んでみて、そこから関係性ができていくというのも、ちょっと考えていきたいなって。

あや

いいと思います。

変な話ですけど、、、

私、結婚してるんですけど、夫に恋愛感情って持ったことなくて(笑)

たまたま酔っぱらった勢いで「付き合ってくれ」って言ったんですよ。

そしたら「いいよ」って感じでホイホイついて来て、その流れで同棲して。

イノウエさん

そうだったんですか(笑)

あや

恋愛のドキドキは無くても、一緒にいて楽しい、しあわせ、という感覚でずっと過ごしてます。

セオリーにとらわれずにいると、友情関係から何か芽生えるときもあるって経験として言えます。

一緒にいろいろ分かち合おうとすれば、精神的な錬金術や科学反応は起こると思うんです。

それを楽しめたらいいですよね。

イノウエさん

そうですね。

イベントで知り合った方も、パートナーとして一緒に住んでる人に恋愛感情は持たないけど、家族になったらしいんです。

相手の人は普通の恋愛するタイプなんですけど、それでも一緒に関係性を持てている。

常識に縛られず、いろんな関係性があることが社会にもっと知られていけばいいなって思ってます。

あや

本当ですよね。

何でそんなに恋愛を特別視してしまうんでしょうね。

私なんて少女漫画の『りぼん』と『なかよし』呪ってますから(笑)

女子はカッコよくて一匹狼のオラオラ系男子が好きとか、、、嫌になっちゃう。

小さい頃の漫画やテレビの刷り込みは威力あると思いますよ。

イノウエさん

そうかもしれませんね。

あや

私は現実主義だし、心理学とかカウンセリングをベースにして生きてきてるんです。

そのカウンセリングの背後にある考え方って、

お互いの信頼関係が変化・成長して、その人の行動を変えていき、その流れが人間関係を作る

という基本原則があるんです。

イノウエさん

そうなんですね。

 

あや

恋愛をカウンセリングの視点で見ると、ただの感情を操ってるものでしかないわけなんです。

だからひと時の感情に一生かけてる人たちって、カウンセリングの基本を知っている人間からすると変なふうに映るんです(笑)

「何でこんなに恋愛感情ばかりを重視してるのかな」

って感じちゃう。

それで読者からは、「永峰はそういう原則論ばっかり言って、具体的テクニックを言わない」とか批判が来たりするんですよ(笑)

イノウエさん

大変ですね、、、。

あや

だから、すごくイノウエさんには共感するところがあるなと、話を聞いて思いました。

イノウエさん

友情から恋愛になって結婚、ゴールみたいな、そういうルートからドロップアウトすると、結構楽になるなって思ってます。

あや

そうですね。

じゃあ最後に、これを大事にするといいよ!というメッセージがあったらぜひお願いします。

イノウエさん

僕みたいに、恋愛が苦手で草食系って呼ばれても、全然OKってことです。

恋愛にこだわらなくても、好きな人と一緒にいることはできます。

「恋愛できないダメ人間」という価値観を、世間から押し付けられるんですけど(笑)

別の何か自分らしいやり方を見つけられると、その価値観を押し返すことができるって知ってほしいですね。

何かで自分を認められると、すごい自分が幸せになれますから。

それから、思い込みから逃れることも重要だと、僕の経験から思いましたね。

あや

セオリーや、一般ルートから外れるって勇気が要るんですけど、でも実際に実践してるイノウエさんの話を聞くと、

「ああ、こうやってやっていく方法もあるんだ」

と思えた方もいらっしゃると思います。

静かに力強いメッセージをありがとうございました。

イノウエさん

こちらこそ、ありがとうございました。

【無料プレゼント】『一瞬で女を落とす女性心理操作術』を今スグ受け取る

【無料プレゼント】『一瞬で女を落とす女性心理操作術』を今スグ受け取る
未分類

現在2550人が実践!なぜ、この”無料”通信講座の参加者は、たったの1ヶ月で6人もの美女から告白されるモテ男になったのか?

あなたは信じないかもしれないですが、これは本当の話です。

この「無料通信講座」に参加した方は、実際に1ヶ月間で6人もの美女から告白され、そのうちの2人と交際中です。

他にも「半年間で5人の女性から告白された」「1ヶ月で3人の女性からデートに誘われた」「好きな女性と付き合えた」というレベルの成功者は、おそらく9割を超えていると思います。

その多くは、恋愛経験が浅い、正直モテない方ばかりです。

ではなぜ多くの方は、それだけのモテ力を手にできたのでしょうか?

それは、“あること”に集中したからなのです。
今回の『超実践的 一瞬で女を落とす9つの恋愛心理操作術』オンライン無料通信講座では、メール、音声講義で、恋愛初心者でもすぐに理解できる内容を、30日間“完全無料”でお届けします。

今すぐ、下記のボタンより、ご登録ください。

詳細はこちらから>>