本気の彼女探しベスト3 最短、高確率でできる彼女の作り方

今すぐ電子書籍をダウンロード!詳しくは画像をクリックしてね♡

無料プレゼント
あや先生
こんにちは!心理カウンセラーとして、累計2万人以上の恋愛の悩みを解決してきた、ラブアカデミア学長の永峰あや(@delightcolour )です♡

あなたは、今、こんなことで悩んでいませんか?「あーあ、婚活サイトで彼女探しをしてるけどうまくいかない…。職場は野郎ばかりで出会いなんてないしなー。彼女は欲しいけど、どうしたらできるの???」

恋愛経験がないし、社会人で時間もない…。そんな男性が、無理なく、確実に彼女を作るためには、正しい知識に基づいた「最短!高確率!長続き!する”彼女探し”の方法を知って実践すること」が大切です。

インターネット上に氾濫する、何の根拠もない情報を鵜呑みにして彼女探しをしていては、いつまでたっても幸せは掴めません。

今回は、専門家による「恋愛・結婚に関する社会調査」のデータと、恋愛カウンセラーである私の累計2万人以上の相談内容を分析したデータに基づいた、最短、高確率で付き合える彼女探しの方法をお伝えします。

1.高確率で彼女を作るために抑えておくべき3つの情報

真面目くん
あ、あや先生!ぼ、僕も、どうやって彼女を探したらいいかわからなくて…。で、でも、彼女を作りたいです!!!
あや先生
真面目くん、よくぞ打ち明けてくれたわね!私のレクチャーにしっかりついてきな!

高確率で彼女を作るためには、「彼女探しの方法」「彼女探しのポイント」「彼女探しの目的を明確にすること」の3つをおさえることが大切よ!

真面目くん
は、はい!ぜひ、詳しく教えてください!

1-1.彼女探しの方法

彼女がほしいと願う男性であれば、以下のニーズを満たす「彼女探し」の方法を知りたいのではないでしょうか。

  • 最短最速で彼女を作る「彼女探し」の方法(スピードの速さ)
  • 高確率で彼女を作る「彼女探し」の方法(確率の高さ)
  • 長続きする深い恋愛関係になる「彼女探し」の方法(親密度と持続性)
真面目くん
確かに。早い!高確率!長続き!する「彼女探し」をしたいですね。でも、、、なんか、これって、、、どこかで聞いたことがあるフレーズだな〜
あや先生
うまい!安い!早い!の吉野家を連想してるわね!真面目くん!確かに、、、似てるけど、「彼女探し」と「吉野家の牛丼」を混同していては、彼女はできないわよ!

並盛り、つゆだくだくで一丁!

真面目くん
そうですよね!ぼ、僕としたことが、、、「女性」と「牛丼」を混同してしまうなんて…。だから、これまで、彼女探しがうまくいかなかったのかも…。気を引き締めていきます!

僕は、麦とろ牛皿御前をお願いします!

これらの願いのすべてが叶う「彼女探し」の方法ベスト3は以下です。

  • 1位:「友人・知人・職場の先輩・親戚などに紹介を依頼」する
  • 2位:「合コン」に参加する
  • 3位:「街コン」「婚活パーティー」に参加する

そして、7割の人が1位の「友人・知人・職場の先輩・親戚などに紹介を依頼」する方法で、彼女を作っています。

「目次2.」以降で説明しますが、恋愛・結婚・セックスに関するさまざまな社会調査と、私の恋愛カウンセリングの実績から、上記の方法が「彼女探し」のベスト3といえます。

1-2.彼女探しのポイント

あや先生
さ、ら、に、最短最速、高確率で付き合い、長続きする彼女を作るためには、以下の5つのポイントを意識して彼女探しをすることが大切よ!
  1. 「彼女探し」をしないで自然な出会いを待つより、「彼女探し」を積極的にしたほうが、彼女ができる確率が2倍高まる
  2. 高確率で彼女を作る「彼女探し」の方法は、結婚を意識した「婚活」である
  3. 「婚活」の中でも「友人・知人・先輩の紹介」という手段を活用すると、彼女ができる確率が高まる
  4. 「婚活」の中でも、「インターネットの出会い系サイト・アプリ」という手段は女性の活用率が低いため、彼女ができる確率が低い
  5. 「婚活」の手段を増やせば増やすほど、彼女ができる確率が高まる
あや先生
ここ10年程の恋愛・結婚・セックスに関するさまざまな社会調査と、累計2万人以上の私の恋愛カウンセリングの実績から、上記が「彼女探し」の重要なポイントといえます。

1-3.彼女探しの目的を明確にする

あや先生
ところで、真面目くんは、どうして彼女が欲しいの?彼女を作ってどうなりたいの?彼女とどんなパートナーシップを築きたいの?
真面目くん
えっ?どうしてですか?どうなりたい???どんなパートナーシップ??????ただ、なんとなく、彼女がいたほうが楽しいかなーって…。

友達も彼女がいますし、いづれは結婚しないと、親も心配するから…。

彼女ができない男性に共通するのが、「なんとなく」「漠然」と彼女探しをしているということです。

彼女を作るためには、「彼女探し」をする「目的」を明確にすることが大切です。

「目的」を明確にする理由は、

  • 女性の側が明確な「目的」を持って「彼氏探し」をしているから

です。

男性は、結婚しても、ライフスタイルが大きく変化することはあまりありません。

一方、女性は、結婚すると、出産、仕事を休業、育児、職場復帰などライフスタイルが大きく変化します。

女性は、「子供を産む性」であり、育児に多くの時間と労力をかけなければなりません。

母子ともに健康的に出産できる年齢にも制限があります。

このような事情から、多くの女性は、例えば、

河合さん
  • 「子供を産んでからも仕事を続けたいし、子育てサポートが手厚い会社に就職しよう」
  • 「27歳まではいろいろな恋愛を経験しようっと!」
  • 「29歳までに結婚を前提に付き合える彼氏を作りたいなー」
  • 「30歳までに結婚資金を貯めて結婚しよう!」
  • 「32歳までに第一子を出産できたらいいなー」
  • 「育児休業を1年間とって、2年程度職場復帰してから第二子を出産しよう」

と、恋愛・結婚・出産・キャリアに関して、具体的なビジョンを持っています。

真面目くん
すごく明確なビジョンを持った女性だな…。しかも、かっかわいい❤️
あや先生
あっ、かわいちゃんおひさー!河合伊桜(かわいいお)さんは、私の恋愛カウンセリングを受けていたクライエントさんよ。

こちらは、ラブアカに入学したての、真面目男子(まじめだんし)くん!

かわいさん
真面目さん、初めまして!よろしくお願いします!
真面目くん
河合さん、初めまして!こちらこそよろしくお願いします!フンヌ!
あや先生
さて、続きを進めていくわよ!

当然「彼氏探し」についても、自分のライフステージを踏まえて、明確な「目的」を持って取り組んでいます。

そのため、「とりあえずデートして、セックスする相手がほしい」という曖昧な感覚で彼女探しをしている男性は、彼氏候補から外される可能性が高いです。

  • 不特定多数の女性の好意を得る「モテ」を目指すのか
  • セックスだけをする「セフレ」を作ることが目的なのか
  • 一対一で付き合う「恋人」が欲しいのか
  • 結婚を前提に付き合う「彼女兼、婚約者候補」をゲッチューしたいのか

女性の事情に配慮して、明確な「目的」を持って彼女探しをしましょう。

2.「婚活」をすると、彼女ができる確率が2倍高まる

あや先生
どうせ彼女探しをするなら、最短最速で効率よく、高確率で彼女を作る方法を選びたい!というのが多くの男性の本音ではないでしょうか。

実は「婚活」をすると、彼女ができる可能性がグッと高まります。

多くの人が、日頃、なんとなく「婚活」という言葉を使っています。が、「婚活」の本義をしっかりおさえると、彼女探しの成功率がぐっと高まります!

 2−1. 「婚活」とは?「婚活」の定義

「婚活」とは、

  • よりよい結婚を目指して、合コンや見合い、自分磨きなど、積極的に行動すること

です。

「婚活」は、「結婚活動」の略です。結婚活動とは、就職活動のアナロジーとして作られた言葉です。(中略)

今では、よりよい就職をするために、情報を集め、セミナーに通い、試験勉強をし、エントリーシートを書き、履歴書の写真を撮り、面接用のシートを整えるなど、さまざまな活動をします。(中略)

 同じように、よりよい結婚を目指して、合コンや見合い、自分磨きなど、積極的に行動をする人が出てきています。

それらの活動を結婚活動を呼ぶことにしました。

就職活動は略して「就活」だから「結活」でしょうか、いや、結活は発音がしにくいから「婚活」にしたらと提案したのが、このことばの由来です。(家族社会学者 山田昌弘)

出典:『婚活時代』山田昌弘・白河桃子(ディスカヴァー新書)

つまり「婚活」とは、

  • よりよい「結婚」を目的とした積極的な「彼女探し」

といえます。

 2−2.女性は男性より結婚願望が強い人が多い

あや先生
ここからは、「恋愛と結婚に関する社会調査」を分析していきます。

インターネット上に氾濫する、ロクデモナイ、うんこ情報を鵜呑みにしていては、いつまでたっても彼女はできないわ!

真面目くん
確かに…。ネット上の情報って、たくさんあるけど、ぶっちゃけ、どれを信じていいかわからないです…。

この間も、書いてあった通りに実践したら、失敗したし…。

あや先生
恋愛や結婚をうまくいかせるためには、正しい知識を持っていることがとても大事よ。

信憑性(しんぴょうせい)のあるデータをベースに、早い!高確率!長続き!する「彼女探し」をして、しあわせになりましょうね!

明治安田生活福祉研究所は、全国の 20歳〜49歳の男女 3,595 人を対象に、「恋愛と結婚」をテーマとする調査を実施しました。

20〜40代の未婚の男女に結婚に対する気持ちを訊ねたところ、男性より女性の方が結婚願望がある人が多いことがわかりました。

20代 「できるだ け早く結婚したい」
+「いずれ結婚したい」
男性 38.7%
女性 59.0%

 

30代 「できるだ け早く結婚したい」
+「いずれ結婚したい」
男性 40.3%
女性 45.7%

 

40代 「できるだ け早く結婚したい」
+「いずれ結婚したい」
男性 32.0%
女性 35.0%

参考リンク:明治安田生活福祉研究所「2016年20〜40代の恋愛と結婚(第9回 結婚・出産に関する調査より)」

この調査から「結婚」を意識して婚活する男性は、「結婚」を考えずに彼女探しする男性よりも、多くの女性のニーズを満たすことができるといえます。

つまり、「彼女探し」の中でも「結婚」を意識した「婚活」は、彼女ができる確率が高い方法といえます。

 2−3. 専門家が分析した「婚活」の2大メリット

あや先生
次に、社会学者が分析した「婚活」のメリットを紹介するわ!

恋愛や結婚について考える上で、家族社会学の観点はとても参考になるわ!

真面目くん
専門家の意見が知れるなんてすごいです!さすが、僕らの恋愛アカデミアですね!安心して彼女探しができそうです!がんばるぞ!!!

村上あかね桃山学院准教授らによって、結婚前や交際前にどのような行動をとって、交際、結婚に至ったかという社会調査が実施されました。

その分析の結果、

  • 婚活をしたほうが恋人が見つかる可能性が高い
  • 複数の手段で婚活をしている人の方が、見つかりやすい

ということがわかりました。

本章の結論を先取りすると、未婚者の約半数が交際相手を見つけるための活動(婚活)をしている。

活動をする方が、交際相手が見つかりやすい。とくに活動の多様性とその内容がポイントである。

しかし、そもそも「婚活」をする人は結婚意欲が高かったり、これまで交際をした経験があったり、正社員が多いという現実がある。

出典:『「婚活」現象の社会学』山田昌弘〔編著〕東洋経済新報社 「第2章 若者の交際と結婚活動の実態ー全国調査からの分析ー村上あかね」

2−4.「婚活」をしたほうが彼女ができる確率が高い

上記の図表から、

  • 3つ以上の手段で婚活した男性で翌年彼女ができた人は17.9%
  • 婚活をしなかった男性で翌年彼女ができた人は9.4%

ということがわかります。

つまり、婚活をしなかった男性より、婚活をした男性の方が彼女ができる確率が高いことがわかります。

図表2-4からわかることは、「婚活」をしたほうがしなかった場合よりも相手が見つかりやすいということだ。

出典:『「婚活」現象の社会学』山田昌弘〔編著〕東洋経済新報社 「第2章 若者の交際と結婚活動の実態ー全国調査からの分析ー村上あかね」

2−5.「婚活」の具体的な手段

上記の図表から「婚活」をしている人は、以下のような手段を活用していることがわかります。

  • 親・きょうだいに紹介を依頼
  • 親族に紹介依頼
  • 友人・知人に紹介依頼
  • 職場の同僚・上司に紹介依頼
  • 学校の授業などに参加
  • 趣味・習い事に参加
  • 合コンに参加
  • お見合いに参加
  • お見合いパーティ(婚活パーティーのこと)に参加
  • 結婚相談所や結婚仲介サービス
  • インターネット・携帯を通じて
  • 街中や旅先で
  • その他

2−6. 複数の手段で婚活をしている人の方が、彼女ができやすい

2−5の図表から、婚活の手段が一つの人より、二つ、三つ以上と手段の数が多い人のほうが、彼女ができる確率が高まることがわかります。

例えば、

  • 「インターネット・携帯を通じて」という一つの手段のみで婚活している人

よりも、

  • 「親・きょうだいに紹介を依頼」「友人・知人に紹介依頼」「趣味・習い事に参加」「合コンに参加」と三つ以上の手段で婚活している人

のほうが、彼女ができる確率が高まります。

男性の「活動数1」で翌年彼女ができた人が13.6%なのに対して、「活動数3以上」の人は、17.9%と4ポイント以上増えています。

男性の「活動なし」で翌年彼女ができた人(9.4%)と、「活動数3以上」の男性(17.9%)とでは、2倍も差があります。

あや先生
つまり、出会いの機会を増やせば、増やすほど、彼女ができる確率が高まるということです。

さらに活動数が二つ、三つ以上と増えるほど相手ができやすい。(中略)

詳しい結果は省略するが、活動なし、すなわち活動をしなくても相手ができた人とは、職場や仕事で相手と出会った人が多いようだ。

仕事は一日の大きな部分を占める。相手を見つけるコストが低く、また情報も多いので交際につながりやすいのだろう。

出典:『「婚活」現象の社会学』山田昌弘〔編著〕東洋経済新報社 「第2章 若者の交際と結婚活動の実態ー全国調査からの分析ー村上あかね」

 2−7. 彼女ができる確率が高い「婚活」手段と、低い「婚活」手段

あや先生
婚活の内容によっても、彼女ができる確率が高いものと、低いものがあるわ!
真面目くん
婚活の内容によっても、確率が変わるなんて、驚きですね!どの方法が彼女ができやすいのか、ぜひ教えてください!

2−4の図表から、

  • 「活動数3以上」の男性で翌年彼女ができた人が17.9%
  • 「活動数3以上」の女性で翌年彼氏ができた人は35.0%

と、男性より女性のほうが2倍も「婚活」の効果が高いことがわかります。

効果に男女差があるのは、女性と男性の「婚活」の手段が異なるからです。

女性は「友人・知人・幼なじみに紹介を依頼」「合コン」の活用率が高いです。

一方、男性は、「友人・知人・幼なじみに紹介を依頼」「合コン」も活用しますが、女性より活用率が低いです。

その代わり、男性は「インターネット・携帯を通じてさがす」「街中や旅先で声をかける」といった活動率が高いです(女性は低い)

このことから、

  • 「友人・知人・幼なじみに紹介を依頼」「合コン」といった手段は彼女ができる確率が高く、「インターネットの出会い系サイト・アプリ」「路上ナンパ」といった手段は低い

といえます。

(「婚活」の効果は)とりわけ女性のほうが顕著である。

「効果」に男女差があるのは、図表2-3に示したように、女性のほうが「友人・知人・幼なじみに紹介を依頼」などの経験率が高いのに対し、男性は「インターネット・携帯を通じてさがす」「街中や旅先で声をかける」といった活動をする傾向があるなど、男女で「婚活」の内容が異なるためかもしれない。

出典:『「婚活」現象の社会学』山田昌弘〔編著〕東洋経済新報社 「第2章 若者の交際と結婚活動の実態ー全国調査からの分析ー村上あかね」

2−8. セックスする親密で深い関係の彼女を作る方法は「友人・先輩・知人の紹介」

あや先生
ただ出会って、デートして完了!ではなく、「セックスも含めた親密で長続きする彼女がほしい」というのが多くの男性の願いですよね。真面目くんもそうじゃない?
真面目くん
セセセセセセセックス!!!そんな大きな声で!!!

確かに、一緒にいて居心地がいい彼女が欲しいですし、もちろん、セセセセセセセックスもして、ずっとそばにいられたらしあわせですよね!

上記の図表は、「第5回男女の生活と意識に関する調査」(2010年社団法人日本家族計画協会)の「初めてセックスをした相手との知り合い方」に関するデータです。

このデータを見ると、

  • 「友人や先輩から紹介されて知り合った相手」:28.8%
  • 「職場やアルバイト先で知り合った相手」:22.3%
  • 「塾、ゼミ、クラブ、サークル、ボランティア活動で知り合った相手」:12.6%
  • 「幼なじみ」:5.9%

と、全体の7割近くが職場、ゼミ、サークルなど、「慣れ親しんだ環境での出会い」や「親しい人の紹介」で恋人ができ、初セックスしていることがわかります。

一方、

  • 「街頭で知り合った相手」:3%
  • 「携帯・メールで知り合った相手」:1.5%

と、「ナンパ」「出会い系サイト・アプリ」で恋人ができ、初セックスする確率は1割以下と大変低いことがわかります。

職場、ゼミ、趣味・習い事サークルなどのコミュニティは、同じ目的を持った人が集まり、人と人とのつながりが密接です。

そのため、親しみやすく、彼女を見つけやすいといえます。

 「誰かの紹介」であっても、顔なじみの紹介なので、安心して付き合うことができ、セックスを含めた親密な恋愛関係に発展しやすいです。

 一方、「ナンパ」「インターネットの出会い系サイト・アプリ」は、人と人との親密なつながりは皆無です。

そもそも安心や信頼が無いため、恋愛関係に発展する確率が低いです。

仮に、交際がスタートしたとしても、信頼関係を作るのに時間がかかり、長続きしづらいです。

月並みで退屈な結論かもしれませんが、僕たちが恋人や結婚相手を見つけるのは、自分と同じような年齢・学歴・生育歴の人同士が集まる「ホーム」=学校や職場、サークルや地域の集まりなどの、社会的ネットワークの中です。

出典:『男子の貞操 僕らの性は、僕らが語る』坂爪真吾(ちくま新書)

 

世の中に、これだけ出会いの場が増えても、僕たちは、自分の慣れ親しんだ社会的ネットワークの中で、自分と似ている相手、過去の履歴の分かる信頼できる相手とくっつきたがる傾向にあります。

社会的ネットワークの外=ネットの出会い系や、合コンやナンパといった「アウェイ」での出会いは、自分と似ている相手、信頼できる相手を見つけることが難しいため、交際に至る確率が低く、仮に交際が成立したとしても、長続きしない傾向にあります。

出典:『男子の貞操 僕らの性は、僕らが語る』坂爪真吾(ちくま新書)

つまり、

  • セックスも含めた親密で長続きする彼女を作る「彼女探し」は、「友人・先輩・知人の紹介」「慣れ親しんだ環境での出会い」

といえます。

2−8. 恋愛カウンセリングの分析結果

あや先生
私の累計2万人の恋愛カウンセリングを分析した結果、以下の5つのことがわかりました。
  1. 「友人・先輩・知人の紹介」「慣れ親しんだ環境での出会い」「合コン」が彼女ができる確率が高い
  2. 「友人・先輩・知人の紹介」「慣れ親しんだ環境での出会い」「合コン」で彼女ができたケースは長続きしている
  3. 「インターネットの出会い系サイト・アプリ」は、彼女になる確率が低い
  4. 「インターネットの出会い系サイト・アプリ」での出会いは、彼女になったとしても、数ヶ月単位(2~5ヶ月程度)で別れることが多い
  5. 「インターネットの出会い系サイト・アプリ」での出会いは、別れた後、復縁できる確率が低い

私の恋愛カウンセリングの分析結果は、これまで紹介した社会調査とほぼ同じ結果であるといえます。

3. 女性は「インターネットの出会い・婚活サイト」を利用しない

あや先生
彼女ができる確率をアップさせるためには、女性の婚活手段に合わせることが必須よ!

上記の図表は、明治安田生活福祉研究所の20〜40代未婚男女の「婚活の内容」に関する調査データです。

20 代女性は「友人への紹介依頼」・「合コン」に加え、「婚活パーティー」・「街コン」・ 「魅力を高めるために美容に力を入れた」などにも積極的です。

一方、20 代男性は「友人への 紹介依頼」・「合コン」に加え「インタ―ネットの婚活サイト」が中心です。

男性は「インターネット」を利用する率が高いですが、女性は低いため、彼女ができる効果があまり期待できる手段とはいえません。

インターネットの
婚活サイトを利用
男性 女性
20代 20.0% 5.9%
30代 11.8% 15.5%
40代 13.9% 7.7%

参考リンク:明治安田生活福祉研究所「2016年20〜40代の恋愛と結婚(第9回 結婚・出産に関する調査より)」

彼女ができる確率をアップさせるためには、

  • 多くの女性が利用している「友人への紹介依頼」・「合コン」を活用すること
  • 「インターネットの出会い・婚活サイト」の活用をやめて、「友人への紹介依頼」・「合コン」に引き続き多くの女性が利用している「婚活パーティー」・「街コン」を活用すること

が肝となります。

 まとめ

高確率で彼女ができる「彼女探し」の方法ベスト3は、

  • 1位:「友人・知人・職場の先輩・親戚などに紹介を依頼」する
  • 2位:「合コン」に参加する
  • 3位:「街コン」「婚活パーティー」に参加する

です。

彼女を作るためには、彼女探しをする「目的」を明確にすることが大切です。

最短最速で効率よく、高確率で彼女を作る方法は、「結婚」を意識した「婚活」です。

「婚活」の手段が一つの人より、二つ、三つ以上と手段の数が多い人のほうが、彼女ができる確率が高まります。

「婚活」の手段は、多くの女性が利用しているものを活用することが必須です。

多くの女性が利用している「友人への紹介依頼」・「合コン」を積極的に活用しましょう。

「友人・知人・幼なじみに紹介を依頼」「合コン」といった手段は彼女ができる確率が高く、「インターネットの出会い系サイト・アプリ」「路上ナンパ」といった手段は低いです。

女性が利用しない「インターネットの出会い・婚活サイト」の活用をやめて、多くの女性が活用している「婚活パーティー」・「街コン」を活用することが、彼女ができる確率を高める肝です。

女性のニーズや調査データに基づいた効果的な彼女探しをして、しあわせをつかんでくださいね♡

永峰あや

今すぐ電子書籍をダウンロード!詳しくは画像をクリックしてね♡

無料プレゼント
未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です