年収800万イケメンに勝つ!非モテ男に女が群がる婚活プロフの3つの書き方

【無料プレゼント】『一瞬で女を落とす女性心理操作術』を今スグ受け取る

無料プレゼント

みなさん、こんにちは!累計2万人の恋愛相談を解決してきた、ラブアカデミア学長の永峰あや(@delightcolour )です。

あなたは、今、

「出会い系アプリ、街コン、婚活パーティー…。

時間もお金も投資して婚活してるのに、全然うまくいかない…。

このまま彼女もできない、結婚もできない、一生ひとりだったらどうしよう…。」

と、先の見えない婚活にもどかしさを感じ、壁を頭に打ちつけ、血みどろになっていませんか?

今回は、あなたの彼女を作る!結婚するの夢を現実にするために、ウェブ上で婿採用ページを公開し結婚に至った新時代の婚活実践者「彼女を作って結婚する極意」 についてインタビューすることができたので、シェアしていきたいと思います。

インタビューするのはこの方です。

サードウェーブ婚活エバンジェリスト(株)たかだまなみ代表取締役 高田真奈美(たかだまなみ)

  • 島根県出身。1988年生まれのゆとり世代。何度も恋愛で破滅したスーパーのつくダメ男好き。

  • 負のスパイラルから脱し、幸せな家庭を築くことができるのかを自身で実験するため、架空の企業「株式会社たかだまなみ」を設立。顔出し実名のウェブサイト「次世代婚活 (株)たかだまなみ パートナー採用特設ページ」を開設。正社員として婿を募集し、採用活動を行う様子をネットで公開。

  • 恋愛系メディア『KOIFAKU』『iVERY』『弁護士ドットコム』『ゴリラクリニックdig』で、独自の恋愛論を展開し、多くの男女から支持を得る人気ライターとしても活躍中。

このインタビューでは、恋愛に自信がない人に最適な新しい婚活の極意をお聞きできたので、

  • 彼女を作って結婚したいけど、自信がなくて何をしたらいいかわからない人
  • 恋愛経験なし、女性が苦手だけど、彼女が欲しい人
  • 今まさに、恋活・婚活に奮闘している人

にぜひとも読んでいただきたいと思います。 

あや
では、さっそくたかだまなみさんにお話を伺いたいと思います。

まなみさん、よろしくお願いいたします。

まなみ先生
こちらこそよろしくお願いします!

1.婚活シーンに大旋風?今話題の「株式会社たかだまなみ」とは?

あや
まなみさんは、「株式会社たかだまなみ」として婚活されていますが、なぜそのような経緯に至ったのですか?

まなみ先生
いや~、簡単に言うと、今までの恋愛が壊滅的すぎたというか…。

あや
そうなんですね。

差し障りのない程度に教えていただければ…。

まなみ先生
DV男にボコボコにされ絶命しかける、精神的に崖っぷちまで追い詰められる、嘘つき野郎に何百万も盗まれる…などなど。

やばいですよね(笑)

あや
そ、それは笑い事じゃないですよ~。

まなみ先生
はい、でも過去は笑い飛ばしてなんぼです♪

まだまだあと40個以上ダメダメ恋愛エピソードはありますが。

聞きます??

あや
聞きたいのは山々ですが、お時間の都合上、やめときます(汗)

まなみ先生
とは言え、マジで心も体もお財布もボロッボロでした。

でもやっぱり、こんな黒恋愛歴史があっても、ちゃんと結婚して幸せになりたいと、30を目前にして強く思ったんですよね。

私の黒恋愛歴史だけでなく、自分はこういう人間だ!ってことをを全て公開し、さらけ出した上で、それでも私がいいって言ってくれる人を見つけたいなと。

1−1.「株式会社」と称する理由

あや
なぜ婚活をする際に、「株式会社」たかだまなみ としたんですか?

まなみ先生
結婚て恋愛感情の延長線上にあると捉えてたんですが、真剣に考えたときに、結婚、子育て、家庭って人生を賭けた大きなプロジェクトだと思ったんです。

あや
はい。

まなみ先生
例えば、企業でモノやサービスを作ろう・売ろうとしたときに、感情だけで動いてはないですよね。

もちろん、理念や想いは大切ですが、きちんと戦略があって、マーケティングがある。

あや
なるほど。

まなみ先生
でも、私の経験上、今までの結婚観だと「あなたが好きなの!」っていうキラッキラのところで始まって、絶望して、身も心も財布もボロボロになり、離婚していくっていうのが目に見えたというか(大汗)

あや
それは避けたいですね!

まなみ先生
だから、結婚という一大プロジェクトを完遂させるためにも、もっと冷静に戦略的に考え取り組もうと、「株式会社」を冠することにしたんです。

あや
なるほど。

まなみ先生

「株式会社たかだまなみ、家庭というプロジェクトに参画してくれる正社員(お婿さん)フルタイム勤務です」みたいな感じで募集したということですね。

1−2.恋愛と結婚が結びついたのはたかだか40

あや
結婚するときに、「自分はこういう人間だ」ということをしっかりと示し、それに合う人に来てもらうことって恋愛感情よりももっと大切なことだと思います。

まなみ先生
はい。

あや
みんな恋愛しないと結婚できないと思ってますけど、恋愛と結婚が結びついたのも、ここ30-40年ぐらいのことなんですよ。

まなみ先生
そうなんですね。

あや
はい。

いろんな婚活やきっかけがあるのは素晴らしいとは思いますが、恋愛感情スタートで結婚し、離婚するカップルも多いですよね。

まなみ先生
女性の「お料理やお裁縫できます」っていうのも、もちろん大切だし、男の人ならやっぱり年収いくらっていうのも重要な条件になってくるってのもわかります。

でも、学歴、年収、容姿とか、そこで結びついたものって、一体何になるんですかっていう疑問もあります。

うまく愛に結びついていくものもあるんでしょうが、もう少し人間性で結びついてもいいのかなっていう感じですかね。

あや
そうですよね。

何度も言うように、結婚は一大プロジェクト。

同じ目的に向かって「じゃあ、こうしていこう」っていう、対等な協力関係を持てる相手であれば、人生いろんな波風ありますが、乗り越えていけると思います。

2.年収800万イケメンに勝つ!非モテ男に女が群がる婚活プロフの3つの書き方

2−1.自己分析を繰り返し「自分の欲求」を明確にする!

まなみ先生
私が「株式会社たかだまなみ」で最も大切にしてることの一つが、ずばり「自己分析」です。

これは、婚活サイトやアプリのプロフィールで自己をアピールする際にも使えるし、とても重要です。

あや
なるほど、いいですね!

本当に自分に合う人に来て欲しい時に自分ってどんな人か?について、私自身もよくわかっていませんでは通用しませんもんね。

まなみ先生
はい。

自己分析って一度で終わるものではなくて、ことあるごとにするべきものだと思っています。

例えば、「モテたい」と一言で言っても

いろんな人から声をかけられたいのか

一人の人から深く愛されたいのか

不特定多数の女性とセックスしたいのか

など、人によって違います。

あや
そうですね。

まなみ先生
知り合いの婚活エージェントの男性クライアントさんの話なんですが。

婚活パーティで女性にちやほやされることが気持ちよくなっちゃって、ずっと1年以上結婚してない方がいるんです。

ちやほやされることが、その方にとっての「欲求」だったんですね。

あや

「結婚制度にのっかて、生涯、支えあっていける一人のパートナーを探す」という婚活市場の前提と、「複数の女性にちやほやされたい」という男性の欲求は完全にミスマッチ。

まなみ先生
そうそう、そうなんですよ。

あや
これ、本気で婚活に来ている女性にとって迷惑な話ですよね

婚活市場で時間やお金を投資するよりも、もっと効率的なやり方があるはずなので、この男性にとってもデメリットの方が多そうですけどね。

まなみ先生
本当に。

ちやほやされたいだけなら、キャバクラでもいいわけなんです。

あや
その方が、盛大にちやほやしてくれそうですよね(笑)

自分の本当の欲求を理解しておくことは、お互いに重要なことですね。

2−2.婚活プロフは「短所」を書くとうまくいく

まなみ先生
好きなことや得意なことを答えるのは楽しい作業ですが、自分の「短所」、つまり「弱さ」を深く掘り下げて、それを開示するってすごく大事だと思うんです。

あや
私もそう思います。

人って、短所とか、弱さとかをさらけ出した時に、ぐっと距離が近くなって深い関係になることが多いですから。

まなみ先生
はい。

あや

男性が弱音を出した時に、他の誰にも言えないことを「私だけにさらけ出してくれた」ということに、喜びを感じる女性は多いですよね。

また、自分の弱さを正直に見せてくれる男性であれば、女性側の弱さも、ありのまま受け止めて肯定してくれるだろうと安心できますし。

まなみ先生
でも、ついつい、自己分析する時にも、「短所」を深く掘り下げないで、猫かぶっちゃう方多いんですよ。

あや
確かに。婚活アプリのプロフィールとか、自分の強みや相手の好みは書いてあるけど、「短所」を前面に出してる人はいないですね。

まなみ先生
でも、「株式会社たかだまなみ」を見ていただければと思うんですが、「短所」ばっかりです(笑)

「私ってこういう駄目な女で」とか「こうなると、こういう悪いことになっちゃいます」みたいな、どっちかというと弱みを先出ししてるっていう感じです。

あや

そういった「弱み」を先に出すことで、まなみさんへの理解も深まりますね。

もちろん「弱み」だけでなく、いいことも示すことって、まさにマーケティングですね。

まなみ先生

万人に受けなくていいんです。

それに引っかかる人だけ来てくれれば

あや
確かに。

うわべだけの無難なプロフィールを見た男性100人になんとなく好かれるより、強みも弱みもがっつりさらけ出した自分について、1人の男性が心から共感してくれる。

その方が、「結婚して支え合えるパートナーが欲しい」という欲求が叶いますよね。

まなみ先生
はい。

「じつはわたしはビクビクしているんだ。でもそれはきみたちが黒人だからではない。わたしがビクビクしているのは、ここには誰も知り合いがいないし、きみたちに受け入れてもらいたかったからなんだ。」

自分の弱さを打ち明けたことで、生徒の様子ががらりと変わった。彼らはわたしについて次々に質問を始め、自分のことを語り、NVCへの興味を表現しはじめたのだ。

『NVC人と人との関係にいのちを吹き込む法』マーシャル・B・ローゼンバーグ(日本経済新聞出版社)

2−3.相手に求める「ニーズ」もしっかり書く

あや
「私はこういう人です」ことに加え、「私はこういう人を求めています」ということも出すんですか?

まなみ先生
はい。

私は子どもを希望しているので、「子どもを希望している人がいい!」と言ってますね。

あとは、会社なので(笑)福利厚生として、

多少料理できます

元エステティシャンなのでマッサージできます

なども出しています。

そして、

実家で猫飼ってるので猫可愛がってくれる人

実家のおじいちゃんに猫語で喋りかけられても我慢できる人

など(笑)

あや
猫語おじいちゃんかわいいですね!

自分はこんな人です

自分はこんな人を求めてます

ってことを明確に示しているんですね。

まさに、プロダクト・アウトとマーケットイン。

婚活マーケティングですね。

まなみ先生
ですです!しっかり婚活マーケティングしてプロフでアピールすれば、非モテ男性から、女の子が群がるモテ男になれます。

年収800万円のイケメンなんて、もはや敵でもなんでもありません。

3.実際に「株式会社たかだまなみ」を発足して

 

あや
20166月にウェブで「株式会社たかだまなみ」をリリースされたそうですが、実際にどんな感じでしたか?

まなみ先生
はい、最初は本気なんだけど半分悪ふざけというか、軽い気持ちだったんですが、50人ぐらい応募してきてくれたんです。

あや
すごいですね!

まなみ先生
一応就活スタイルみたいに、「弊社、株式会社たかだまなみは、創立28年なんで…」から始まり会社説明を行い、それを理解した上で入社したければ履歴書を提出し、面接に進んでくださいっていうスタイルを取りました。

3−1.婚活で女性が嫌がるクソ男とは?

あや
いろんな男性がいたと思うんですが、これは困ったなというケースはありますか?

まなみ先生
そうですね。

私当時28才だったんですが、特に大きな理由はなく「35才まで」ってしてたんですね。

そしたら35才以上の男性から「年齢で区切るのは差別だ!」と(汗)

あや
あらあら

他には?

まなみ先生
私、「お婿さんに入っていただけるのであれば、うちの父がスポーツカー好きなんで、スポーツカー買ってもらえると思います。ちっちゃくてボロいけどアパートも所有してるので、生活はそんなに苦しくないですよ」って書いてるんですね。

それを見て、「じゃ、たかださんと結婚したら、僕働かなくていいんですね!」って言われたり

あや
え…いろんな人がいますね(笑)

3−2.婚活で好印象&グッとくる男性の特徴

あや
逆に、好印象だったな、グッときたなっていう男性はいましたか?

まなみ先生

自分が「株式会社」って謳ってるからなんですが、やっぱり感情が見えなくなる部分もあるんですね。

事務的になるというか。

あや
はい。

まなみ先生
だからこそ、

「あなたのこういうところが素敵だと思います」

心に訴えてきてくださる方は、素直に嬉しかったです。

あと、

「たかださんとはちょっと違うけど、メンヘラ気質のある女性と付き合ってきて、こういう失敗もしてきて、自分も苦しかったけど、そういうところはたかださんも一緒だと思います。だからこそ、うまくやれるんではないでしょうか。

と、ご自身の過去と私のことを、きちんと考えてくれてるということを、しっかりと伝えてくださる方にはグッときましたね。

あや

まなみさんが自分のいいところも弱みも両方公開してるからこそですね。

だからこそ、相手もそれに答えてくれたんですね。

3−3.アドバイスする男は嫌われる

まなみ先生
逆に、私の弱みに対し、アドバイスっていうか、説教してくる人もいましたよ。

「だからダメなんだよ!」みたいな。

あや
えー?

まなみ先生
人生よくするために、自分を見直すことは心がけてますが、でも、私は男性からの上から目線のアドバイスはの求めてないかな、みたいな。

あや
そこは、確かにニーズに合ってない感じですね。

まなみ先生
そうなんですよ。

そういう方には、会社的に「今回はご縁がございませんでしたが」みたいなメールを送らせていただきました(笑)

4.「自分じゃ見えない自分」を知ってる第三者の視点の重要性

4−1.株式会社たかだまなみ取締役会とは

まなみ先生
この婚活スタイルでよかったなと思うのが、私の友人や弟などを含めた「取締役会」の存在です。

あや

第三者の視点を入れるんですね。

まなみ先生
はい。

私、自分で言うのもなんですが、私がGO!!!!を出す男性って、かなりの精度で「どうしようもないダメ男」なんですよ。

もう、惚れちゃうから仕方ないんですけど。

あや

結婚に向かないタイプに惚れちゃうと…。

まなみ先生
だからこそ、私のことを知り尽くす昔からの友人だったり、すごい深い考察力のある人だったり、シェアハウスで一緒に住んでる人だったり、弟だったり、男女半々くらいで10人程度に取締役会に参加してもらってます。

あや
いいですね。

まなみ先生
私も一応「この人」っていうのは、票は入れられるんですけど。

みんなが駄目って言えば駄目だし、私のタイプじゃなくても「この人だよ」って言われればその人になるっていうことですよね。

あや
なるほど。

まなみ先生
やっぱり恋愛感情というか、「この人好き」とか「タイプ」とか絶対にあるので、見えにくくなる部分が、他人の目が入ることで、考えがよりシャープになるんです。

「この人はすごい結婚向きだし、まなちゃんのことを絶対大切にしてくれる」みたいなことも、私本人だと、ちょっと分かりづらかったりするんですよね。

なので、第三者の冷静な目が入ったことが、すごい良かったかなと思います。

あや

多角的な視点で、パートナーシップを見つめることができるんですね。

まなみ先生
はい。

過去に失敗ばかりだったのもあり、やっぱり自分の判断に自信がないっていうのが大きいですね。

だから他人の冷静な視点はありがたいです。

あや
いいですね。

まなみ先生
もともと、あんまり友達の言うことって聞けないタイプで、「その男、別れたほうがいいよ」とか言われても「でも私好きだから。この人私しかいないの!」みたいなこと言ってたんですよ。

でも、今はそれができないというか、言い訳できない環境になっているので、そこは本当に良かったです。

 

Sydney Harbor Bridge

あや
昔はお見合い結婚がほとんどでした。

当人同士の恋愛感情っていう不安定な要素で結婚を決めるのではなく、身内や周りが冷静な目で判断して決めるというシステムが、自然と機能していた。

束の間の陶酔を味わいたいなら恋愛感情でオッケーですが、結婚となると、このような冷静な視点で、多角的に吟味するのが断然よそそうですね。

5.結局、結婚てなんだろう?

まなみ先生
私も「結婚したい!」って思って、こんなスタイルで募集したんですが、進めていくうちに、「結局、結婚てなんだろう?」って思っちゃって。

あや
根源的な問題にぶち当たったと。

まなみ先生

「結婚」って、この現代社会では窮屈なシステムなんじゃないかと感じています。

あや
というと?

まなみ先生

子どもが欲しいけどそのために結婚しなきゃいけないのか

一人の人と結婚したらその後はもう恋愛しちゃいけないのか

セックスも結婚相手以外とはしちゃダメなのか

などなど。

これを言うと、ビッチとか言われそうなんですが、結婚することで「我慢する」「制限される」ことがこんなに増えるっていうのは、今の世の中にそぐわないんじゃないかって思うんです。

あや
結婚制度に真正面から向き合ってると思います。

相手との関わり方、セックス、税金、受けれる公共サービスなど、結婚制度は、生きる可能性を広げてくれる面もありますが、制限される面も多いです。

それと向き合わずして、「恋に落ちた」「好きだから結婚」なんて、恋愛感情だけで衝動的に決めるなんてありえないです。

 

まなみ先生
「株式会社たかだまなみ」に応募してきてくれる方、「取締役会」でGO!が出た方、みんなすごくいい方なんです。

でも、結婚して、子どもをもうけ、何十年も一緒に暮らすとなるってことを想像するときに、どうしても自信がない…。

あや
どうしてですか?

まなみ先生
「結婚はプロジェクト!」と豪語してる私も、やはり「結婚は愛に基づいているもの」と信じたい気持ちが強いんです。

例えばセックスにおいて、「ごめんなさい、あなたのことやっぱり好きだけど、タイプじゃなくて、体がうずかなくて」っていうようになったら、彼ももちろん苦しいだろうし、私も彼に何かしてあげなきゃとか思ってきて、窮屈になるんじゃないかなと…。

あや
そうなんですね。

まなみ先生
セックス含め、結婚した相手と仲むつまじく一生やるということを、皆さんの前でちゃんとこれを誓って、まっとうできるのかって言われると、非常に不安…。

1年くらいはできると思うんですよ、多分。

1年保証は付けられるんですけど(笑)

一生涯保証となると…。

あや
(笑)

5−1.新しい結婚・人生観を考える

まなみ先生
もちろん宣言したいんですけど、ちょっと、どうかな?みたいな。

私は結構正直すぎるかなと思うんですけど、みんなそうでしょ?って(笑)

あや

「セックス含め、結婚した相手と仲むつまじく一生やれる?」ということに関しては、未婚・既婚、男女問わず、現在進行形で悩んでる方も多いと思います。

まなみ先生
ひとりの人を深く愛し、一生一緒に人生を全うする人たちもいるし、それはそれで、本当に素晴らしいことだと思います。

あや
はい。

まなみ先生
でも、これから私たちが生きていく時代は、夫婦としての繋がりはありつつ、いろいろアウトソーシングしていくというのもアリなんじゃないかなって思うんです。

ポリアモリー(複数恋愛)の方たちのこともメディアで取り上げられ始めたり、結婚の次のフェーズをみんなが考え始めたんじゃないでしょうか。

あや
まあ「愛」と「恋愛感情」は違うので、「愛」がベースであれば、誰とでも協力し続けることはできると思いますけどね。

だからこそ、必ずしも結婚制度に乗っからなくても、それぞれのスタイルで柔軟にやっていけばいいんじゃないかなって。

人々の多様な価値観やライフスタイルに制度の側が追いついていない面があると思うので、社会として考えていかなくてはならない問題だと思います。

6.ラブアカ読者へのメッセージ

あや
貴重なお話たくさん聞かせていただき、ありがとうございます。

このラブアカというメディアのテーマはずばり「男を加速させる」なんですが、ラブアカの読者の皆さんにメッセージ、アドバイスを最後にお願いしてもいいですか?

まなみ先生
了解です!

私もそんなに自分に自信があるわけじゃないんですが、でも、ここだけは負けないってものを持ってるんですよね。

すごいくだらないことなんですけど。

私たちってSNSもあるし、情報社会に生きてると、ついつい自分がどういうランキングの何位にいるのか比べがちだと思うんですね。

世の中には芸能人のようなかっこいい男の人もいて、もこみちなんて、かっこよくて料理もできるみたいな、武器いくつ持ってんだよみたいな、あるじゃないですか。

「それと比べて俺は」とかあると思うんですけど、比べる必要って一切ないです!

人と比べずプロセスを誇りに…!

まなみ先生
誰と比べるわけでもなく「俺が過ごした、あの部活で頑張った日々ってやっぱ最高だったよな」とか。

例えば私だと、音大に通ってたんですけど、今音楽してないですし、プロの人たちから含めてみると、やっぱり私才能ないんですよね。

でもそれは、そう思ったら、もうそこで終わりじゃないですか。

ただ、幼稚園入る前から毎日ピアノの練習して頑張ってきたことって、誰が否定できるかというと、否定できないですよね。

あや
素晴らしいことだと思います。

自分以外の誰かと比較すると、必ず、劣等感にふりまわされて、見栄と卑下がセットで、もれなく付いてきます。

それは、本人に取っても辛いことですよね。

まなみ先生
はい。

だからこそ、ご自身を「結果ではなくプロセスを褒める」ということに重点をおいて欲しいなって思います。

あや

結果って「未来」のことだから、ある意味、永遠にたどり着けない。

でも、プロセスは「今、この瞬間」だから、毎瞬毎瞬自己肯定していけば、自然と結果として積み重なっていきますよね。

まなみ先生
だってもったいないですよ。

「自信がないから女の子をデートに誘えない」って言っちゃうの。

そんなラブアカ男子がいたら、ズボン脱がせて生尻ひっぱたいて喝を入れてあげたいです!

あや
(笑)

本当にそうですよね。

突き詰めて考えると、婚活に「自信」なんていらないんですよ。

ただ行動するのみ。

まなみ先生

やるかやらないか!

この一点です。

男性は自信とかプライドとか大事に思ってるかもしれませんが、本当の人生の幸せ考えるなら、そこじゃねーんだよ!!と言いたいですね。

 

あや
ありがとうございます。

まなみさんのエール、しかと受け取りました!

まなみ先生
私もまだまだ道半ば。

一緒にがんばっていきましょう!

あや
今日は、お話を聞かせてもらってありがとうございました。

すごく役に立つと思うので、ぜひ参考にしてほしいなと思いました。

まなみ先生

ぜひぜひ。ありがとうございます。

あや

今日はありがとうございました。

【無料プレゼント】『一瞬で女を落とす女性心理操作術』を今スグ受け取る

【無料プレゼント】『一瞬で女を落とす女性心理操作術』を今スグ受け取る
未分類

現在2550人が実践!なぜ、この”無料”通信講座の参加者は、たったの1ヶ月で6人もの美女から告白されるモテ男になったのか?

あなたは信じないかもしれないですが、これは本当の話です。

この「無料通信講座」に参加した方は、実際に1ヶ月間で6人もの美女から告白され、そのうちの2人と交際中です。

他にも「半年間で5人の女性から告白された」「1ヶ月で3人の女性からデートに誘われた」「好きな女性と付き合えた」というレベルの成功者は、おそらく9割を超えていると思います。

その多くは、恋愛経験が浅い、正直モテない方ばかりです。

ではなぜ多くの方は、それだけのモテ力を手にできたのでしょうか?

それは、“あること”に集中したからなのです。
今回の『超実践的 一瞬で女を落とす9つの恋愛心理操作術』オンライン無料通信講座では、メール、音声講義で、恋愛初心者でもすぐに理解できる内容を、30日間“完全無料”でお届けします。

今すぐ、下記のボタンより、ご登録ください。

詳細はこちらから>>