ずっと彼女と仲良し!長続きするカップルの3つの極意!

無料プレゼント

あや

どうも、ラブアカデミア学長/恋愛相談師のあやです。

好きな女性と付き合ってハッピー!!

…と思っても、「どうやったら長続きするんだ?」と不安になりませんか?

よくこんな相談をいただきます。

「なぜ振られてしまったんだ…」

「僕の何がダメだったんだ…」

このように、上手くいっていると思ってても実はそうではなかった。

彼女に振られて初めて彼女の気持ちが離れている事に気づくのです。

 

今回は、数多くの恋愛系メディアで多くの男女から支持を得る人気ライター

高田真奈実(たかだまなみ)さんに登場いただき、

彼氏彼女や夫婦が長続きするたった1つのコツについて対談しました!

ぜひ最後までご覧ください!

 

1.女性が男性に求めている事は「寄り添ってくれること」

あや
では、まなみさん、よろしくお願いします!!

まなみさん
よろしくお願いしま~す。
あや
男女の関係性って、彼氏彼女として恋愛期間があり、

その後は結婚して夫婦になり子どもが生まれる。

このように2人の関係にはいろんな段階がありますけれど、

恋愛中も結婚後も変わらず女性が男性に求めていることを話していきましょう。

 

先日まなみさんが、

“お互いが相手の嫌なことについて真摯に受け止め合い、時には相手に合わせる。

こういった嫌なことについての対処法がすごく大事。

上手くいくカップルと上手くいかないカップルって、そういう所で分かれるんじゃないかなぁ”

と話してくれましたが、具体的にはどういう事でしょうか??

まなみさん
そうですね、思わず出てしまった感情的な言葉って、

一生引きずるかもしれないということです。

イライラして「お前なんか嫌いだ!どっかいけ!」みたいに言っちゃうこともあるかもしれないんですけど、

本当に傷つくじゃないですか。

「冗談だよ」とか「ちょっと感情的になっちゃって」って言っても無理。

後でどんなに弁解しても相手が傷ついたことには変わらない。

 

だから、彼氏彼女や夫婦として長続きさせるるには、感情的に言葉を発しないことですね。

例えば、服散らかしているとか、食器片づけてないとか、

相手のこういう所が嫌だなぁと思っても、ガミガミ言わないようにした方が良いです。

しろ、自分が「嫌だなぁ」って思ったことは、

自分が代わりにやってあげるのが、すごく重要だなぁと思います!

あや
なるほど!!

今まで1万人以上の相談を受けましたが、上手くいっていないカップルは、

これが原因になっていることが多いですね。

まなみさん
もっと言うと、お互いの“生活スタイル”は、よ~く観察して受け入れることが大事ですね。

そうしないと、どっちか一方がすごく負担になってしまうので。

例えば、相手がトイレットペーパー使ったら三角に折るタイプなら自分も同じようにする。

もちろん、なんでも合わせていたら疲れてしまうけど、許容できる事は積極的に受け入れる。

そういう気持ちでいないと、すぐ破局してしまいますね。

 

面倒くさいと思う男性もいますが、これを積極的にやっている男性は、めちゃくちゃモテますね。

何度も言いますが、一緒に生活するようになり、

相手の洗濯物の畳み方に対して「お前、それないわ…」「えっ?あなたの畳み方もなくない?」みたいなやり取りって、嫌ですよね。

逆に「この人はこういう畳み方するんだなぁ。なら、自分も同じようにしておいてあげよう」
みたいな感じで、自然とやってあげられるようなカップルは、長続きしますね。

 

2.見返りを求めてはダメ! 損得勘定がないカップルこそ上手くいく!

あや
そうですね~、私が開催しているプログラムに

Man Of Gold Program”というものがあり、

その中で”損得勘定と他者貢献”というキーワードを出しているのですが、

社会ってほとんど損得勘定で回っているからそれに慣れちゃっているんですよね。

昇給できるから一生懸命仕事するとか、褒められるから積極的にやるとか。

 

だから見返りを求めずに相手のためにやるのがすごい難しいですよね。

「相手の為にやって報われるんですか?」と考えてしまう。

でも、長続きさせるには、損得勘定ではなくて他者貢献

つまり「相手はこういうことをやってほしいんだ。

なら自分もそうしてみようかな。」と、そういう視点がすごく大事です。

まなみさん
そうですね。私の場合、旦那と出会ってから3年ぐらい経ちますが

「こうやってよ!!」って、あんまり言ったことがなくて。

旦那も、私の洋服の畳み方をわかったら、自然と合わせてくれました。

それって凄く嬉しいですよ。この嬉しさ、分かります?(笑)

あや
わかります!!凄く嬉しいですよね。
まなみさん
自分の慣れ親しんだやり方とか習慣があったと思うんだけど、

私に合わせてやってくれたって思うと、凄く嬉しくなるから私も

「トイレットペーパー三角に折っといてあげよう!」となりますね。

あや
まなみさんの旦那さんはトイレットペーパーを三角に折る派なんですね?(笑)
まなみさん
はい、折る派です。私は折らない派でしたが。

相手がやってくれたから私もしてあげよう。そういう良いサイクルができています。

だから嫌な感じで自分のやり方を押し付け合ったりする事が全然ないんですよ。

あや
結構多くのカップルが全く合わせないか、

「自分の言うとおりにやってよ!」とか「何でやってくれないんだ!」って強要しちゃったりとか、

あるいは嫌われたくないから我慢して合わせる、という3パターンのどれかだと思うんですよ。

つまり自分のことばかり考えているんですよね。

 

でも、まなみさんが言ってくれたエピソードって凄く大事なことで

相手のことをすごい観察してますよね。

「相手はどうやって洗濯物の畳み方をする人なんだろう」とか「ごみは、こうやって捨てる人なんだな」とか。

嫌われたくないから合わせるののではなくて、

相手を冷静に観察して、自分のやり方も大事だけど相手のやり方でやってあげるのは、

すごく長続きする秘訣になりますね。

まなみさん
色んな人と付き合ってきましたけど、

あんまりないパターンでした。だから結婚したいなぁって思いました。

 

3.「好きだったら、やってくれて当然」に陥る罠

あや
付き合ってると、自分の事しか考えていないじゃないですか。

好きっていう感情ばかりで

「彼女より僕の気持ちが大きかったらどうしよう…」「僕のこと好きかなぁ…」みたいな。

自分の気持ちばかり考えて、

「相手がどういうことが好きなのか?」「どういうことに拘っているのか?」

そういう事を見てないから、まずは落ち着いて相手に手を差し伸べるのはすご~く大事ですよね。

まなみさん
大事ですね。今思うと、昔の自分は本当に酷かったです…。

「私のこと好きでしょ?好きだったらやってよ!!」って言ってました!(笑)

あや
若い頃は、あるんじゃないですかね?(笑) 実際にそういう人は沢山いますよ。

「僕のこと好きだったらやってくれて当然でしょ!」って言って、

別れを告げられている人たちは、たくさん見ているので。

まなみさん
これを見た人は「僕の事好きならやってよ!」って思うのを、今すぐやめてほしいです!(笑)
あや
そうですね。「好きならやってよ!」じゃなくて、

一緒にいたいなら自分でやってあげた方が良いです。

なぜ相手に求めてしまうのかと言うと、相手の気持ちを確かめてしまっているからです。

やってくれるということは自分の事が好きなんだと。

 

結局自分の事しか考えていなくて、相手を観察してないから、分かっていないってことですね。

相手と良い関係を長続きさせるには、

自分が好きだから何でも上手くいくとか、自分をもっと見てというよりも、

冷静に相手を観察して必要なことをやってあげるということが大事です。

恋愛のテクニックより、相手のことを考えるが何より重要です。

みんな「恋愛」だと思うから、上手くできないんじゃないですかね?

まなみさん
確かにそうかもしれません!「僕のこと好きならやってよ!」って、友達に言わないですよね!(笑)
あや
相手が友達なら、普通に相手を思いやることできてますよね!

例えば、ご飯食べてて、相手が調子の悪そうな表情だったら

「この料理あまり好きじゃない?」と聞いて

「うん…この料理塩辛くて自分には合わないかも…」と言われたら

「ごめんね。薄味が好きだったんだね!次は薄味を選ぼう!」と、

普通にできてますよね。

まなみさん
なぜか恋人になると突然おかしくなる!(笑)
あや
勘違いするんですよね!恋愛だと、まるで人間関係じゃないみたいです!
まなみさん
まぁ、そうなってしまう気持ちはわかります!(笑)
あや
私も昔はそういう時期があったので、気持ちはわかります!(笑)
まなみさん
みんな、最初は自分勝手ですね。
あや
彼女、奥さん=お母さんではないので、勘違いしないように気をつけましょう!

では、今回の対談はこのあたりで。

まなみさん!今日はありがとうございました!

まなみさん
ありがとうございました!またね~!

【無料プレゼント】

【無料プレゼント】
未分類