AV女優から指名ナンバーワン監督が教えるモテる男の8つの法則

【無料プレゼント】『一瞬で女を落とす女性心理操作術』を今スグ受け取る

無料プレゼント

 

あや
どうも、累計2万人の恋愛相談を解決してきた、ラブアカデミア学長の永峰あや(@delightcolour )です。

あなたは今、「モテたい!成功したい!」と思いつつ「どうせイケメンや金持ちにはかなわない」といじけていませんか?

本記事ではAV業界で女優達からの指名ナンバーワンの溜池ゴロー監督に、2000人の女性の本音を科学した「一生モテ続ける男の8つの法則」についてレクチャーしてもらいました。

溜池ゴロー(ためいけごろー)

 

  • 1964年3月28日生まれ。明治大学法学部卒。アダルトビデオ監督。
  • 大学在学中に、8ミリ自主映画制作を開始、卒業までに、3本の8ミリ短編映画を制作し、関東学生映画連盟主催の大会にてベスト作品賞を受賞。
  • 30歳にAV監督となる(水沢早紀主演「痺れた果実」(マックスA)が、初監督作品)。その後、数々の企画を手がけ、後に溜池の妻となる川奈まり子主演の「義母まりこ34歳」で美熟女ブームを起こす。
  • 監督業の他に、「モテ体質」を作り人生を豊かにするT.school主催、漫画原作、執筆、メディア出演、雑誌掲載など幅広く活動をしている。
  • 著書:「SEX会話力」小学館101新書、「モテの流儀」アスペクト出版、「AV女優のお仕事場」ベスト新書、など多数。

(学校では教えてくれなかったモテの教科書 Amazon.co.jp)

今回のインタビューはぜひ、

  • とにかくモテたいんだよぉぉぉっっ!!

と、ストロングゼロロング缶を握りしめているあなたに読んでいただきたいと思います。

それではインタビューをどうぞ!

1.女性・仕事・お金・仲間…すべてからモテる2つの条件

ゴロー先生
楽しくわくわく生きるためには、結局何かといったら、

  1. 怖いと思っても、楽しく行動ができる行動力
  2. 人との関係がもっと楽しく広がるというコミュニケーション力

この2つが絶対大事だと思っています。

あや
行動力とコミュニケーション力ですね。

ゴロー先生
はい。

行動力とコミュニケーション能力が自然発動してる人というのは、

  • 異性にモテる
  • 同性の仲間にもモテる
  • 職場や取引先の人からもモテる
  • お金からもモテる

ようになるんです。

あや
すばらしいですね。

ゴロー先生

だから僕は、異性だけじゃなくて、仲間や仕事やお金からもモテる術を身につけましょうということで、「モテ体質メソッド」を提唱しています。

2.モテ男になるための3つの準備

ゴロー先生
モテるようになるって、僕は簡単なことだと思うんですよ。

まず、自分というものと、人間関係というものをちょっと分析してみる。

で、自分というものが整ってないと、女性との恋愛関係はもちろん、すべての人間関係が悪くなるんですよね。

あや
自分が整ってないと、恋愛も、人間関係も悪くなる。

ゴロー先生
そうそう。

だから、もし、女性からも、人からもモテるようになりたいんだったら、心と体と環境この三つを整えて準備すること大事です。

心と体と環境が整ってる状態の人というのは、いい状態で人間関係をつくれるし、女性と接することができます。

  • 笑顔がしっかり出て、コミュニケーションできてる
  • 相手の言ってることを、ちゃんと笑顔でリアクション持って、いい反応で聞けてる
  • 相手に興味を持ってますという表現ができる

どうです?

こういった男性はモテると思いませんか?

あや
モテますね!

3.女ゴコロをまる裸にする溜池流・会話術

ゴロー先生
女優さんとは、オーディションや打ち合わせを兼ねて面接するんですが、その中で、普通だと絶対聞けない様な話がたくさん聞けるんです。

あや
例えばどんな話ですか?

ゴロー先生
普通一般社会で初めて出会った女性と男性が会話してても、絶対セックスの話とか、家族の問題とか、人妻の浮気の話とか、他人に絶対言えないような話ってあるじゃないですか。

それが、女性たちは、なぜか僕の面接だと、いろんな話してくれるんですよ。

あや
引き出し上手というか。

ゴロー先生
それもあるかもですね。

でも、やはりAVの世界って、一般的にはすごく遠い不思議の世界。

彼女たちは、その不思議の世界に、芸名をつけ、家族や友達、知り合いには絶対に内緒にして、飛び込んでくる

そして、「ずっと一生いる場所ではない」という前提で扉を叩く

その不思議の世界の住人が、僕なんです。

あや
ひょんなことで舞い込んでしまった不思議の世界

ゴロー先生
そうです。

妖怪か天使か(笑)

その妖怪のおじさんの前ではきっと、普通は話せない様な話も、彼女たちは話してくれるんでしょう。

友達にも家族にも、もっと言うと彼氏や旦那さんにも話したことない話を、僕は散々聞いてきたわけです。

あや
すごいですね。

実は誰よりもその女性を知っているみたいな。

ゴロー先生
そうなっちゃうんですよね。

おまけに撮影ではもちろん裸も撮りますし、僕がカメラを持ってハメ撮りという手法で、僕自体が体を使って、そういうシリーズを持ってたりもしてました。

そういう女性との関わりを、僕は面接自体は20年で2000人以上してるわけです。

あや
2000人!

しかも20年もやってるって本当にすごいですね。

ゴロー先生
僕は面接で、仕事の内容についてはもちろんですが、それ以前に、その人の人生を聞くわけです。

その人が生きてて一番大切にしてることやものを聞く。

そして、それを次の撮影や仕事で、その人が大切にしているものを一番大事に扱ってあげれば、人間関係は失敗ないんです。

あや
例えばどういうことでしょうか?

ゴロー先生
分かりやすい例で言いましょう。

2人の女性が、AV業界の扉を叩きました。

AさんがAV業界に来た理由が、お金だとします。

一番よくある理由ですね。。

何でお金が必要かという話を聞いたときに、もちろん借金があるという人もいますけど、中には若いうちにお金をためて、自分は例えばお店を経営したい、起業したいとか、何かお金が必要で、それを資金にして将来を組み立てていきたいという人なんかは、今一番何が大事というと、軍資金をためることなんです。

かたやBさん、本当はアイドルになりたかったとか、芸能界に憧れてた。

でも、やっぱり自分はそういうものには何の芸もないし自信がないと。

ただ、私は体には自信があるとか。

だったらAV業界に来て、私は有名になりたいという人もいるわけです。

Bさんはにとって、一番大切なものは、有名になるとか、自分がどう見られるかとか、ファンが大事なんです。

この2人の大切なものは、全く違いますね。

あや
はい。

ゴロー先生
例えば、同じシリーズの同じ台本で撮るとします。

でも撮り方が変わるんです。

でき上がるものは同じです。

内容は同じなんだけど、撮り方、例えば大切なものがお金のAさんは、僕は最初からスタッフに言って、どんどん段取りを早くするんです。

段取りをどんどんやって、休憩時間も短くして、どんどん撮影しちゃうんです。

そしたら撮影早く終わりますよね。

で、彼女は時給が高くなるわけです。

時給が高くなって、しかも散々褒めますので、「私頑張った」って。

で、お金もちゃんといいお金もらえると思ってると、当然気持ちよく帰れますよね。

そしたらAさんは、

「溜池監督にまた撮ってもらいたいです」

と周りに言うわけです。

あや
そうなんですね。

ゴロー先生
かたや今度、「自分はファンを大事にする、自分はどう見られても、私は有名になりたい。この世界で一番になりたい」と言ってるBさんは、自分がどう見られてるかを一番大事にするので、そのやり方をやる。

時給を高くする、どんどんやって、早く終われば女優さん喜ぶかなといったら大間違いです。

そういう有名になりたい人は、納得いくまで、いい作品を撮ってもらいたいわけですよね。

ファンが増える様に、ファンに喜んでもらえる様に、自分を美しく撮ってもらいたいわけです

だから、僕にしろ、スタッフにしろ、OKを出したとしても、彼女が納得いかなかったら、また撮り直しです。

間の休憩時間も時間をたっぷり取って、ちゃんと「これどうやればいいですか?」って、「これテーマ何ですか?」「こうです」って、全部話します。

それで多少遅くなっても、Bさん

「この監督は私のことをよく分かってくれるから、溜池監督でお願いします」

って、またあちこちで言うんですよ。

そしたら、指名率が高くなるわけです。

あや
女優さんが大切にしているもので、こんなに違うんですね。

ゴロー先生
違いますよね。

だからこそ僕は10年以上指名率ナンバーワン監督でした。

4.とにかく女にモテる!溜池流・質問テクニック

ゴロー先生
例えば結婚できない男性がお見合いします。

いきなり女性に「趣味は何ですか?」と聞く。

趣味は何ですかって、何のために質問してるか全く分かってない質問の仕方をするわけですよ。

これじゃダメです!

あや
よくある質問ですが、ダメなんですね。

ゴロー先生
はい。

質問って、全ての世の中の会話というのは、疑問、質問、付加疑問で始まるんです。

例えば僕と永峰さん、お話しだすとき、「道を迷いませんでした?」とか、そういうところから入るじゃないですか。

「今日天気いいですね(?)」も、これ付加疑問ですよね。

質問と疑問と付加疑問から、全部の世の中のどんな会話も始まるんですよ。

あや
はい。

ゴロー先生
セミナーの受講生にも、「質問は何のためにするの?」と聞くと、みんな「情報を得るため」と言うんですよ。

でも違うんです。

あや
そうなんですか?

ゴロー先生
はい。

情報を得るのはもちろん当たり前かもしれないですけど、もっと大事な質問の役割は何かといったら、「あなたに興味があるんですよ」って伝えることなんです。

あや
確かに、興味をもって質問してくださると、「私に関心を向けてくれてるんだ」って思いますもんね。

ゴロー先生
そのとおりなんですよ。

じゃあ、興味をもって質問するって何がいいか。

興味をもってますよという表現が必要なわけですよね。

みんな表現全くせずに、「趣味は何ですか?」って聞くんですよ。

あや
それを聞けばいいみたいな感じでしょうね(笑)

ゴロー先生
テストのマークシートや、一問一答じゃ無いんだから、誰もそんなことは会話とかコミュニケーションに求めてないじゃないですか。

何かっていったら、

  • 自分が楽しくなる
  • 相手も楽しんでる

そこにすごく楽しい空気が流れて、充実した時間を過ごしたいだけなんですよ。

あや
確かに。

でもきっと、難しく考えてる人が多いと思うんですね。

5.年収なんてカンケーない!笑顔で褒め上手になれば絶対にモテる

ゴロー先生
年収がとっても低いAさんと、年収の高いBさんがいたとします。

他は、見た目から身長から何から、大体同じだとしましょう。

でも、女性と話すときに、「今日どちらから来たんですか?」と、興味津々で質問して、相手の話を笑顔でリアクションよく聞いて、すごく褒め上手だったという年収がとっても低いAさん。

かたや会話のときに全然無表情で、何か聞かれても、それに対して答えを返すだけ、その後重たい時間が流れる年収の高いBさん。

どっちかと付き合わなきゃいけないといったら、永峰さんはどちらを選びますか?

あや
絶対にAさんがいいです。

ゴロー先生
そうですよね、女性はみんなAさんを選びます。

  • 経済力が無い
  • 親と一緒に暮らしてる
  • 自分は背が低いからモテない
  • 学歴が低い
  • 仕事の内容がこうだから

だからモテないなんて言っている男性自分のコンプレックスでもてない理由を作りだして逃げてるんですね。

今ある状況からできることって、表現力つけることだけなんですよ。

裸一貫でできることです(笑)

あや
そうですよね。

誰でもできますよね。

ゴロー先生
誰でもできるんです。

  • 相手に興味をもって質問する
  • 笑顔でリアクションよく聞く
  • そして、相手を褒めてあげる

ただこれだけです。

あや
なるほど。

シンプルだけど大事なことですよね。

ゴロー先生
言い訳無用、練習あるのみ!

6.モテる男は◯◯◯◯で切り替え上手

ゴロー先生
永峰さんは、嫌なことあったら引きずっちゃうタイプですか?

さっと切り替えられるタイプですか?

あや
そうですね。

引きずっちゃいますけど、なるべく早く切り替える様にはしています。

ゴロー先生
「気持ちを切り替える」ということは、人生においてとても重要です。

例えば仕事で上司に怒られたとします。

もやもやしたものが目の前に、自分の頭の中にあるんです。

これを持ったまま、例えば女性とお茶を飲みに行ったら、もやもやをまき散らしちゃうじゃないですか。

あや
それはちょっと嫌ですね。

「何か嫌だな、何でこの人もやもやイライラしてるんだろう?」みたいに思っちゃいます。

ゴロー先生
ですよね。

女性はもちろん、人に会う前は、怒られたこのもやもやストレスをを1回バチンと切り替えて、それで明るいかたちになって、整えないといけないんですよ。

それでやっと相手とさっき言った明るい表現をできるわけですよね。

だから、まず気持ちを切り替えられない男性は、女性からもてるもてない以前に、仕事もできないです。

あや
そうですね。

ゴロー先生
僕は、それはさわやかという類いにしてる。

さわやかは気持ちを切り替えるすべだと思う。

笑顔を含めた表現、気持ちを切り替えるすべを持ってるさわやかな人になることは本当に大事です。

7.モテたいなら女の中にバーンと自分を入れろ

ゴロー先生
それから次は、相手の軸に立てる優しい人になること。

あや
優しさって奥が深いですね。

ただ言いなりとかじゃなくて、本当に相手の軸に立って、何を求めてるかということをしっかり与えてあげるということですよね。

ゴロー先生
そうです。

だから、まず軸に立つというのは、こっちから見て、相手がどういうふうな人なのかなと観察するだけではなくて、相手は今、どういう気持ちなのかなと考える。

あや
昔先生に言われましたよね。

「相手の立場に立って考えなさい」って。

ゴロー先生
みなさん、「それがなかなか難しいんですよ」と言いますが、共感力を高めるには、相手になり切るしかないんです。

ゴロー先生
だから、例えば、彼女とデートしました。

テーブル席に座りました。

彼女の軸の中にばーんと自分を入れてみるんです。

それで周りを見渡したときに、

  • 冷房が強いんじゃないかな
  • タバコの煙が来るんじゃないかな
  • 彼女寒いと感じてるかもしれない
  • そういえば前、冷え性だって言ってたな

と気づいたとする。

で、「寒くないですか?」と聞いて、もし寒かったら、席を交代してあげればいい。

それは、彼女の役に立つということです。

あや
そうですね。

しかも、行動ですね。

ゴロー先生
そうなんです。

相手の軸に立って役に立つこと、これが優しいということなんです。

あや
何か、普通の優しさと違いますね。

笑顔、さわやか、優しい、そして心を整える。

これやったら、本当に女性だけじゃなくて、人間からも仕事からも全部もてますよね。

ゴロー先生
あとは、体の健康があればいいですね。

それさえあれば、鉄板です!

8.さらにワンランク上のモテ男になる溜池メソッド

あや
最後の質問です。

ラブアカのコンセプトが、「男を加速させる」なんですが、溜池先生に、読者の皆さんに何かアドバイスをいただけたらと思います。

よろしくお願いします。

ゴロー先生
そうですね、いっぱい危険な目に遭うことじゃないですか(笑)

背筋が凍るような思いをして生活をしたら、その人の脳みそはいっぱい考えるから、男性としての魅力いっぱい出ます(笑)

あや
なるほど。

ゴロー先生
うちのT.schoolでも、笑顔やリアクションの練習をし、みんな徐々に笑顔が出るようになり、どんな女性ともすごく楽しく会話ができるようになったり、彼女ができたり、女性から食事に誘われたり、職場でも人気者になったりするわけです。

うちの女性スタッフからも、「前に比べたら、本当にすごく話しやすくなった。明るくて優しくて、すごくいい感じです」って感想が出たり。

あや
すごいですね。

ゴロー先生
はい。

でもさらに、「まだこれから伸びてほしいから1個だけ言わせていただくと、男性としての、何かここに引っかかる魅力みたいなものが、もう1個あるといいかなって、ちょっと思ったりします」

と言うっていうアドバイスをくれる女性が多いんです。

あや
なるほど。

話していて、笑顔でリアクションも良く、気持ちもわかってくれて、楽しいんだけど、何か物足りない。

プラスアルファで男の魅力があればというところでしょうか。

ゴロー先生
そうですね。

みなさん、「結局そのプラスアルファの男の魅力って、どうやればつくんですか?教えて下さい!」って聞くんですが、でも僕もそんなものは分からないです。

あや
そうですね。

まさに、人生そのもの、生き様が反映されてくる部分ですね。

ゴロー先生
例えば、

  • 事業を起こして借金背負いながら踏ん張って頑張った
  • 女性とひと悶着あって大変だった
  • ちょっと事件巻き込まれた
  • お金を横領された

などなど、結構苦労してる方、いろいろいらっしゃいます。

平凡なサラリーマンで、ずーっと絶対危険な目に遭わない生活してる人から見ると、そんな状況、怖くて死んじゃうぐらいの場面を味わったことがある人というのは、頭散々使ったんでしょうね、ぱっと会った瞬間から男性としての魅力がすごい出るんです。

あや
そうですね。

ゴロー先生
泳げない人が水に入るのはすごい怖いわけですよ。

でも、もし水に入って泳げたら、すごい自信になるわけです。

それと同じで、自分が今までできないと思ってたことを、脳にいっぱい経験させることです。

まずは、脳に経験!

あや
なるほど、脳に経験ですね。

危険な目にというと、いきなり踏み出せないとかいう人がいそうですけど、脳に経験というと、「ちょっと今までやらなかったことをやってみよう」とかでもいいんですか?

ゴロー先生
はい、もちろんです。

本当にちょっとしたことでいいんですよ。

ちょっと怖いなとか、ちょっと面倒くさいなとか、大丈夫かなと思うようなこと。

例えば、喫茶店でお茶飲んでて、ウエイトレスさんに、何でもいいから1個褒めるとかね。

あや
わ、それもやったことない人からしたら、ちょっとした冒険ですよね。

ゴロー先生
はい。

ウェイトレスさんを褒めるでもいいし、おばあさんに席をゆずるでもいい。

アンテナを張ってれば、日常にいっぱい冒険、怖い経験なんて転がってるんですよ。

あや
そうですね。

それに気づいて、やってみるのが大事ですね。

ゴロー先生
1歩がなければ3歩先には行けない。

でも、思い切って3歩ジャンプして進んじゃえば、小さな1歩なんて簡単だって思えます。

ぜひ、脳みその経験の幅を広げていって欲しいですね。

あや
そうですね。

今日はどうもありがとうございました。

ゴロー先生
こちらこそ、ありがとうございました。

溜池ゴロー先生からのお知らせ

 

溜池先生が運営している

T.school(Tスクール)

は、「女性にモテる」を学ぶことで、仲間、仕事、家族、お金との関係までも改善させるコミュニケーションスクールです。

最大の特徴は、女性とのコミュニケーション能力アップをその戦略的窓口としている点であり、このアプローチはいわゆる自己啓発セミナーや恋愛スクールと大きく異なっています。

女性にモテる体質を身に付けると、結果的に、同性の仲間や家族、仕事やお金にモテ、人生にモテるようになります。

その原理を論理的に理解し、仲間との実践学習により体現する場が「T.school」です。

興味がある方は、ぜひ参加してくださいね。

未分類

現在2550人が実践!なぜ、この”無料”通信講座の参加者は、たったの1ヶ月で6人もの美女から告白されるモテ男になったのか?

あなたは信じないかもしれないですが、これは本当の話です。

この「無料通信講座」に参加した方は、実際に1ヶ月間で6人もの美女から告白され、そのうちの2人と交際中です。

他にも「半年間で5人の女性から告白された」「1ヶ月で3人の女性からデートに誘われた」「好きな女性と付き合えた」というレベルの成功者は、おそらく9割を超えていると思います。

その多くは、恋愛経験が浅い、正直モテない方ばかりです。

ではなぜ多くの方は、それだけのモテ力を手にできたのでしょうか?

それは、“あること”に集中したからなのです。
今回の『超実践的 一瞬で女を落とす9つの恋愛心理操作術』オンライン無料通信講座では、メール、音声講義で、恋愛初心者でもすぐに理解できる内容を、30日間“完全無料”でお届けします。

今すぐ、下記のボタンより、ご登録ください。

詳細はこちらから>>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です