パートナーシップの形は、必ずしも恋愛から始まるとは限らない。【第2話】

【無料プレゼント】『一瞬で女を落とす女性心理操作術』を今スグ受け取る

無料プレゼント

あや

どうも、ラブアカデミア学長/恋愛相談師の永峰あやです。

あなたは、

  • 世間が言う“結婚”という概念が自分の理想の“結婚”とは違う気がする
  • 恋愛には全然興味がない、でも結婚はしたい
  • 恋愛で自分を演じ、我慢を続け…そうやってしか結婚にたどり着けないの?

独りこんなことで、悩んでいませんか?

そんな悩めるそこのアナタ、結婚を諦めるのはまだ早いです。

今回のテーマは、あなた自身の“結婚観”について、徹底的に向き合える機会となること確実です!

結婚のカタチは一つじゃないんですよ。

今回は、“新しいパートナーシップ”を選択した長谷川さん、江添さんへのインタビュー第2弾を紹介したいと思います!

第1弾をまだお読みでない方はこちら

パートナーシップの形は、必ずしも恋愛から始まるとは限らない。【第1話】

2019年8月4日

↓改めてご紹介します。長谷川さん(左)、江添さん(右)です!!

今回は、

  1. お二人が契約結婚をするまでの具体的な流れは?
  2. お二人が契約結婚で取り決めた条件とは?

これらについて、永峰がズバズバズバっと質問していきます。

それではインタビュー第1弾に続き、第2弾もいってみたいと思います!!

1.出会い、そして契約結婚。どんな流れでそうなったの?

あや
出会ってから、契約結婚するまで、具体的にはどういう運びだったのでしょうか?
江添さん
あれは、とても偶然が重なった結果なんです。

ちょうど僕たちは同じシェアハウスに住んでいて、そこにたまたま共通の友達で仲人的な存在がいたんです。

あや
偶然が重なったんですね(笑)
江添さん
そう。

「契約結婚というものがありまして」と長谷川さんが強く言ってくるので、「はあ、そういうものがあるんですね」と。

仲人的な存在の友達が、「お二人はそれぞれこういう条件があるんですね」と、ホワイトボードに書いてたよね?

長谷川さん
持ってきましょうか。…そのときのボードが、引っ越しの後で出てきたんですよ。

あや
すごいですね!

↓これが実際のホワイトボード

長谷川さん
その友達が、出身地とか職業とか、言ってみればお互いの“スペック”をまず書いた。
江添さん
がーっと列挙して、問題になる条件は無いですね、じゃあ別にくっ付けばいいんじゃないの?という、流れになったんです。

あや
長谷川さんはご自身の望むかたちのパートナーシップを結びたいと考えていたときに、ちょうどその友達が条件を聞いてくれた。

そして江添さんと引き合ったということですかね?

長谷川さん
それもありますね。

第三者(仲介的な存在の友達)が、お互いにどういう結婚をしたいかというある程度の条件を可視化してくれたんです。

私たちとしては、強みというか、「これがあるから素敵な人だ」というのは全くなくて、現実的な話として不可が無いよねって。

江添さん
問題になる要素が無いので、まあいいんじゃないのかなって感じでしたね。
長谷川さん
可も無いけど不可も無いから、このまま契約結婚しませんか?というスピード感で進んでいきました。

そして、それでいいんじゃないかってお互いに納得した形ですね。

あや
江添さんがわりと面白がってくれたんですよね?
長谷川さん
最初は疑ってましたよね。
江添さん
そういうのホントあるんですか?って。
長谷川さん
私がふざけているとか思ったんですよね、確か(笑)

全く真に受けてはいなかった。

江添さん
長谷川さんはあのときちょうど彼氏と別れたばかりだったので、また振られたショックで変なこと言いだしてるんだなと。
長谷川さん
そう思われてたみたいなんです(笑)

私としてはいたって真面目で、その失恋があったことで何かの区切りがついて、もう恋愛はいいや、みたいな感じだったんです。

江添さん
振られたショックで変なこと言いだす、というのが、数年に一度ある人だからかなと思いました。

あや
長谷川さん的には区切りがついてたけど、江添さんはまた失恋して変なこと言いだしてるんじゃないかって(笑)
長谷川さん
シェアハウス内で情報は全部共有されてるんで、そうかなと思われてたんです。

でもその仲人の存在があったので、江添さんの心が真面目にというか、本格的なほうに行きましたよね。

江添さん
あの仲人は良かったよね。

あの仲人があの場にいなければ、普通に別々の人生を歩いてたかも。

あや
仲人がうまく盛り立ててくれたんですね。

2.具体的な条件とは?契約結婚の中身についてまるっと公開!

あや
仲人の方は自然に「じゃあお互いの条件書き出そうよ」みたいな感じだったんですか?
長谷川さん
そんな感じですね。

あや
ちなみにこれって、ちょっと消えかかってるんですが、どんな条件が書かれてたんですか?
長谷川さん
読み上げてみましょうか。
江添さん
俺、全然覚えてない。

出身地と、何らかの条件があったはずなんだが、全く覚えてないね。

長谷川さん
どこで暮らしたいかとか、子どもは欲しいかとか、どういう職業か、とかだったと思うけど。
江添さん
あと、最終学歴と職業とか、そんなのだったかな、たぶん。
長谷川さん
最後に家族構成だったり…。

あや
家事の分担とかもあります?

ここに「分担」って書いてあるから。

長谷川さん
「分担」って書いてありますね。

家事じゃないかな。

多分、家事についてどう思うかって聞かれて、分担していきましょうってなったと思います。

江添さん
ダブル…これベッドの大きさだっけ?
長谷川さん
寝るところの大きさ(笑)

ベッドの大きさだと思う。

あや
もはや詳細には覚えてはないけど、条件を出したときに、「私たち、すごい合う!」とかいうんじゃなくて…
江添さん
そうそう、「特に衝突する条件がありませんね」という感じで。

あや
盛り上がるというよりは、「これなら…」
長谷川さん
「これならしっくりくるかも」みたいな。

まあチャレンジしてもいいかもしれないというか、やってみるか、とは思えたよね。

江添さん
そしたら長く続いてしまった(笑)

あや
そのときには何か書面にするとかもしたんですか?
長谷川さん
書面にはしていなかったんですけど、自分の中の条件は言っていたんです。

まず1つ目が、

  • 離婚前提でいい、つまりいつでも別れていいパートナーシップであること

2つ目が、

  • 性的独占関係を結ばないこと

私には貞操義務というのが、どうしてもしっくりこなくて。

結婚イコールその人しかセックスしちゃいけないという考えが嫌だったんです。

それと、3つ目は、

  • 契約結婚として書面化するということ

を伝えました。

実際に公正証書で結婚契約書を作ろうと…

江添さん
作ろうとしたんだけど、長谷川さんが最初に提出してきた文書がどこかのテンプレートをそのままパクってきたものだったんです。

「我々2人は…」みたいな宣誓が書いてあるんですけど、これ法的にどう解釈するの?本当に曖昧すぎる、という文章で。

これでは無理でしょってなったんです。[/voice]

長谷川さん
却下されてしまって。
江添さん
これは曖昧すぎて何の契約にもならないでしょっていう感じだったんです。

よく分かんない人たちが適当にやっつけで書いた、よく分かんない理想宣言みたいなものだったんで。

あや
ちょっと具体性がなかった感じですか。
江添さん
契約書として実際に契約するのにこれは違うでしょっていう感じだったんです。
長谷川さん
実際に事実婚しているカップルとか、セクシャルマイノリティー同士の友情結婚とかで使われているテンプレートだったんですけど、彼的には…

あや
そっか、江添さん的には、これは違うんじゃないかって思ったんですね。
江添さん
法的な契約をする際に、やっぱり端的に書かないといけないので、この何とでも解釈できる前文がくっ付いてるのは、違うなと。
長谷川さん
結局、ちゃんとした書面としてはまだ残せていないんです。

そういう意味では、もう5年目のこのタイミングで専門家に依頼しようかなと思ってはいます。

ただ、私自分のブログとかに「こういうルールでやっていきます」って書いていたりとかはしています。

あと、1年に1回の更新制でパートナーシップをやりたかったんです。

だから、1年に1回、元旦にはこの契約内容でいいですか?という確認を毎年しています。[/voice]

江添さん
本気でやるなら弁護士にお願いして法律からはみ出る範囲についてがっちり決めた文書を作成するしかないと思ってます。

でも、これだとわりと金かかるよねと思っていて、、、。

暗黙の不文律の契約みたいな感じで今は存在している感じですね。

あや
なるほど。

じゃあ、今は書面化はしていないけど長谷川さんが言葉に落としたものをベースに契約しているという感じなんですね。

長谷川さん
はい、そうです。

 

インタビュー第2弾、いかがでしたか?

「誰かと一緒に生きていきたいが、世にいう結婚が自分にはしっくりこない。」

読者の方にも、こういう方はたくさんいると思います。

しかし長谷川さんはここで妥協しなかったことが素晴らしいと思います。

自分にフィットする結婚を模索し、それに見合う相手を見つけました。

既存の制度や世の中の常識にとらわれず、自分らしい生き方を追求していくこと。

これが“幸せ”なんだと永峰は実感しました。

インタビュー第3弾では、

  • 契約結婚の今後について。
  • “浮気”について何かルールはあるの?
  • 契約結婚をして良かったこと、悪かったこと

これらのことについて、お二人に質問していきたいと思います。

第3弾をお読みになりたい方はこちら↓

※現在準備中!!!

第1弾に戻って読みたい方はこちら↓

パートナーシップの形は、必ずしも恋愛から始まるとは限らない。【第1話】

2019年8月4日

【無料プレゼント】『一瞬で女を落とす女性心理操作術』を今スグ受け取る

【無料プレゼント】『一瞬で女を落とす女性心理操作術』を今スグ受け取る
未分類

現在2550人が実践!なぜ、この”無料”通信講座の参加者は、たったの1ヶ月で6人もの美女から告白されるモテ男になったのか?

あなたは信じないかもしれないですが、これは本当の話です。

この「無料通信講座」に参加した方は、実際に1ヶ月間で6人もの美女から告白され、そのうちの2人と交際中です。

他にも「半年間で5人の女性から告白された」「1ヶ月で3人の女性からデートに誘われた」「好きな女性と付き合えた」というレベルの成功者は、おそらく9割を超えていると思います。

その多くは、恋愛経験が浅い、正直モテない方ばかりです。

ではなぜ多くの方は、それだけのモテ力を手にできたのでしょうか?

それは、“あること”に集中したからなのです。
今回の『超実践的 一瞬で女を落とす9つの恋愛心理操作術』オンライン無料通信講座では、メール、音声講義で、恋愛初心者でもすぐに理解できる内容を、30日間“完全無料”でお届けします。

今すぐ、下記のボタンより、ご登録ください。

詳細はこちらから>>