復縁しようとする前に恋愛は損得勘定ではないことを知るべき!

【無料プレゼント】『一瞬で女を落とす女性心理操作術』を今スグ受け取る

無料プレゼント

あなたは「浮気」したことありますか?

恋愛関係において鬼門とされているこの「浮気」。たった一度でも破局になりかねませんよね。

でも、一度壊れてしまった恋愛関係だからこそ、相手と自分自身を深めるきっかけとなる考え方があるとすれば素晴らしいことだと思いませんか?

今回は、復縁にまつわる恋愛のノウハウについて、実際の相談者との対話形式で紐解いていきます。

独りよがりな価値観から卒業できる手立てとなること間違いなし!

今まさに破局して落ち込んでいるあなたも、ラブラブなあなたも、是非読んでみてください。

あや
どうも、永峰あやです。
見栄 張介
どうも、インタビュアーの見栄です。
あや
今回は、相談者の方にゲストとして来ていただいて、直接悩みを聞かせてもらいます。

そして、相談者の方に永峰や他のゲストの方が協力しながら、悩みをいろいろな視点から捉え直したり、複雑な気持ちを一緒に整理していくことによって、相談者の方自身に現時点での着地点を見出してもらいます。

見栄 張介
今回はスナフキンさんのご相談を深めていきたいと思います。よろしくお願いします。

「復縁できたらこうありたい。」というモチベーション

スナフキン
「僕は同じ大学の同級生(A)と2年半付き合っていました。

1年間はお互いに留学をしていましたが、その間も関係は良好でした。

しかし去年の9月、留学の1カ月前に彼女から振られました。

原因は大きく二つあり、他の女性(B)と関係を持っていたことと、将来設計ができていなかったところです。

彼女から振られた僕は、一気に落ち込み、何も手が付かず、ゾンビのような生活を2カ月間続けていました。

これでは良くないと思い、徐々にやらなければならないことに手を付けていき、何とか今は普通の生活ができています。

しかし、今の行動や将来の目標の中に、Aと復縁するために、いや、復縁できたらこうありたいという考えを前提にもって行動したり、目標設定をしています。

ちなみに彼女と別れた後も、何度か食事に行き、嫌いではないと言われました。

僕としては、この考え方や行動は、彼女に見合う大人になりたいというモチベーションにつながっていると捉えていて、そんな問題意識は持っていないのですが、永峰さんは僕のこの考え方や行動に関してどう思われますか?

また、今の僕に対して何かアドバイスがあればお聞きしたいです。

また、第三者から見た今回の出来事の感想を率直にお聞きしたいです(僕への批判も含めて)。

長文、散文で失礼いたしました。ぜひ取り扱っていただければ幸いです。

補足:

一つ目の別れの原因の詳細。

出会いは海外でのインターンシップ。

関東と関西の遠距離だったので、会ったのは3回ほど。

Bとの関係をもっていたのは留学前の出来事。留学後にBと会い、小一時間話をした。

後日、Bの彼氏にそれがばれて、B側の恋愛関係が悪化し、その結果、Bが僕の彼女AのFacebookを探し出し、個別にメッセージを送ったため、留学後に浮気が判明した。

メッセージの内容は、それまでに僕とBが遊んでいたり、体の関係を持っていた事実を長文で、かつ酔ってキスをし合っていた写真などが添付してあった。

Bと会ったとき、話が盛り上がらなかったし、Bに対して興味も薄れていたので、僕は今後はBと距離を置こうと考えていた。

二つ目の別れの原因。

将来に対してしっかりとしたプランがなかったこと。

就活はどうするのかといったキャリアプランをちゃんと持っていなかったことを彼女Aは良く思っていなかった。」

以上です。

あや
じゃあスナフキンさんはゾンビのような生活からは一応抜け出したという感じですね?
スナフキン
そうですね。今は普通の生活の生活に戻れてはいます。
あや
今、別れてどれぐらい経ちましたか?
スナフキン
5カ月ぐらいです。
あや
じゃあ、この3カ月は持ち直してるんですね。

彼女との別れも辛いですが、Bさん(相談者スナフキンさんの浮気相手)がFacebookで彼女を探し出して浮気の告げ口、さらにキスしてる写真を送るって、、、こういうトラブルって大変だと思うんですけど大丈夫ですか?

スナフキン
そうですね。それは予想外でした。

そうやってA(相談者スナフキンさんの本命彼女)に伝わってしまったことが、傷つけてしまっ た事実が、すごい申し訳なかったです。

浮気、遠距離…関係悪化の経緯と原因

あや
そのときに彼女がすごい傷ついているのを目の当たりにしたりして、落ち込んだりというのもあったんですね。 
スナフキン
そうです。でも、今回の件は結局僕が浮気をした加害者で、傷つけた側なんですよね。

傷つけたという事実に関して、罪悪感だったり申し訳ない気持ちが大きいです。

あや
人間関係や恋愛に加害者・被害者はないですよ。

見栄さんはスナフキンさんの話を聞いてどう思いましたか?

見栄 張介
いっ、いきなり振るのやめてもらえます?(カッコよく決めたいのに、ちっ)

とりあえず!Bさん(浮気相手)との関係の始まりはどんな感じだったんですか?

スナフキン
留学行く前に何度か会って、留学が終わって1年後にまた普通に会ったんです。そのときに、自分もB(浮気相手)も考え方が変わってて、話してても合わないなと思ったんです。

もう何もないかなと思ってたんですけど、その矢先に1年前のことが発覚して、A(本命彼女)にそれが知られてしまったんです。

見栄 張介
ええっ?!じゃあBさん(浮気相手)は1年前の浮気を留学から帰ってきた後に告げ口した感じなんですね。マジ怖い女だわー。
あや
そこまでしなくてもって私は思いますけどね。でも、人それぞれ、その人特有の気持ちがありますからね。

Bさん(浮気相手)と留学中も付き合ってるという感じではなかったんですよね?

スナフキン
はい、全然。連絡を1回2回取ったぐらいです。 
あや
1年間でですよね?
スナフキン
はい。A(本命彼女)とは、お互いの国に行ったりして、連絡も取ってたので、いい感じだなと 思ってたんです。
あや
私は遠距離ってあんまりしたことないんですよね。でもそういう方結構いるじゃないですか。

一般的な恋愛や結婚の価値観に縛られすぎない

スナフキン
僕、永峰さんに聞きたいことがあるんです。ここまでの流れで、自分が彼女を傷つけて、彼女が僕を振ったんですけど。

相手との思い出や、相手のことが忘れられないという、傷つけた側の執着心があるというのはどういうものなのかなと。

あや
傷つけた側・傷ついた側とか、加害者・被害者という問題ではないと思うので、そういう捉え方をしなくていいと思います。

私がいろんな人の相談を聞いてると、その人にとって必要な出会いがそのときやってくるというところもあるなと思うんです。

例えば、妻が不倫をしたという相談があって、妻が別の人と付き合うことで妻自身の人生がひらけることもあるし、旦那さんとの関係が深まるというパターンも実際あったりするんです。

そもそも結婚制度自体も結構矛盾した制度なんですよね。

見栄 張介
そのパターンは世間一般的にご法度じゃないっすか!?
あや
そうですね。でも、”恋人がいるのに浮気するのは悪い”とか、そういう善悪で罰することができるものではないと思うんです。それよりも、もし2人の2年半の間に何か深い心の交流があったり、この先も より良いパートナーシップを築いていきたいという思いがあったとき、お互いに乗り越えていくことはできなかったのかな、と思うんです。

浮気は傷つくことではあると思うんです。世間一般的には、もう浮気されたから嫌だとか、浮気されたから許せないから別れて当然だと考えられる。世の中私のように「浮気にも2人の関係をよりよくする意味がある」という人ばかりではないですからね。

浮気をされたら、私は被害者だ!と思う人が多いかもしれないですけど、その2人の関係に意味があれば、それでも一緒にいたいとか、乗り越えることもできるんじゃないかと思います。

実際私自身も体験したことがあるし、そういう人もいます。

つまり、世間的な加害者・被害者みたいなルールに囚われるのではなく、2人の本質的な関係をもっと見て、話し合っていけなかったのかなと思うんです。

見栄 張介
いやぁ〜なかなかならないと思いますよ!俺でも無理!もしそのときに、その考えがスナフキンさんにあれば、別れを回避できたかもしれないですけど。

普通の一般の方だと、やっぱり浮気されたら別れる!ってなっちゃいますよ〜。

損得勘定で人の心は測れない 

スナフキン
そこに関してもう1個質問があるんです。

浮気したとしても、その浮気をキッカケに考え方が変わって、男性としてすごい魅力が引き出された。そうであれば、1回の浮気は全然大丈夫だと思うんです。 彼女が「浮気しただけの男」と「浮気したけど魅力がある男」を天秤にかけたとき、魅力に重きがあれば、そのまま関係は続いていたと思うんです。

あとは彼女の口から、将来をちゃんと考えていないところが良くない、と聞いて、自分自身の計画性のなさが原因だと思ったんです。

あや
そこで私が思うのは、人間関係とか恋愛関係は、損得勘定じゃないんですよね。「自分が得するからこの人と付き合う」、「自分が損するからこの人と付き合わない」と天秤にかけるという問題じゃない部分もあります。

確かに、婚活とかをしてるときに、相手の年収や出身大学、顔の良さとかの条件やスペックで、 「この人は自分にとってメリットがあるのか・ないのか」という損得勘定がありますよね。メリットがあれば結婚する、メリットがなければ結婚しない。 でも実は、人間関係は損得勘定じゃないところのほうが大きいと思うんです。

この社会って動いてるところは、人間関係なんです。でもその人間関係は損得勘定じゃないところが大きいと思うんです。

スナフキン
でも損得は大きいんじゃないですか?彼女といて楽しいから、俺は彼女といる、とか。

可愛いから彼女とご飯に行きたいとか、それって自分にとって得だからとかじゃないんですか?

あや
確かにこの社会は、ビジネスから人間関係まで、

  • 「与えたから得られる」というギブ&テイク
  • 「自分にメリットがあるからやる」「金の切れ目は縁の切れ目」という損得勘定

など、「合理性」を中心に動いてますよね。 でも、恋愛とか愛は「合理性」じゃないんです。合理性を超えたところにあるものなんです。

相手が与えてくれなくても、自分にメリットがなくても、理由がなくても、

  • 「この人を命がけで助けたい」
  • 「この人を何としても幸せにしたい」

というあり方が恋愛とか愛なんです。 スナフキンさんも含めて、多くの人は、「助けてもらうためには助けてあげなきゃ」「しあわせ になりたいから何かしてあげなきゃ」という「合理性」を軸に動いてるからうまくいかないんです。

スナフキン
僕は前提に損得があるのだと。
あや
違います。与えられようと与えられなかろうと与える、得しようと損しようと助ける、「理由なき利他性」です。

例えば子どもを育てることもそうですね。 子どもを育てることは何か自分にメリットがあるからやるわけじゃないんです。お金も時間もかかるし、デメリットのほうが大きいです。でも育てるということに理由はないんです。そこにいるからやる。できない人もいますけど。

見栄 張介
なるほどね〜。確かに子育てって、単純な損得を考えたら損が大きいですもんね。
あや
スナフキンさんの恋愛は、「理由なき利他性」ではなく「損得勘定の合理性」が前提だから関係が成り立たないのだと思います。 先程おっしゃっていた、天秤にかけたときに、魅力に重きがあるから浮気が許されるということが通用するとは限りません。

「彼女といて楽しいから、俺は彼女といる」「可愛いから彼女とご飯に行く」というスナフキンさんの「損得勘定の姿勢そのもの」を変えないと。 どんなにいい男でも浮気自体が絶対に許せないんだという信条の人もいるんです。

スナフキン
友達に相談したとき、僕自身は魅力が足りないという結論を出したんですけど、友達に「1回の浮気はすごい大きいよ」と言われたんです。
見栄 張介
なるほどー!人によって全然考えが違うやつな!
あや
全然違うんですよ。その人の思いはある意味宗教的なものだったりするじゃないですか。それは別にスナフキンさんがいいとか悪いという次元ではないです。

例えば、スナフキンさんが全然魅力がない人だったとするじゃないですか。そして、今後、スナフキンさんが大切な友人に裏切られて絶望の淵に陥ったとします。そのとき、彼女にとって浮気をされた絶望と同じかそれ以上の絶望を知ったとします。

その後偶然彼女と出会って、「本当にこういう経験をもって、あのときの君の気持ちが分かっ た」と言ったとするじゃないですか。そうしたら「私のあの時の絶望を理解できるあなたとだったら付き合いたい」となることも可能性としてはあるわけです。

見栄 張介
ドラマとかで見ますね!そういう展開!
あや
それはスナフキンさんの価値観からいうと、彼女にとってはある意味損かもしれないですよね。 何の魅力もない、お金もない、ぼろぼろになった、ただの薄汚い男がそこにいるだけですけど、「彼女と共通する気持ちが分かった」ということが心を動かす理由になるということもあるんです。
スナフキン
なるほど、分かりました。
見栄 張介
なるほどねー。で、現状はどうなんですか?連絡というか、会うこともできる感じなんですか?俺だったらお前が来い!って感じですけどねー。 
スナフキン
現状は、何回か食事に誘って、それに応じてくれてます。

けど、年が明けて、地元に帰ってお土産を持って行ったときに、近すぎる、離れてほしいと言われ、そこから1カ月ぐらいは連絡を取ってないです。

2人の将来プランにお互いが寄り添えるか

あや
確か『嫌われる勇気』を読んだって言ってましたよね。 
スナフキン
はい、読みました。
あや
でも、この相談文だと、鉄人に怒られちゃうんじゃないですか?
スナフキン
はい。ちょっと被害者意識が強いなと。
あや
被害者・加害者という問題よりも、自分の人生を生きることを目的としませんか? 

『嫌われる勇気』岸見一郎(ダイアモンド社)

スナフキン
それについても聞きたいんです。僕の理想と、彼女が言った将来の設計像というのが、なかなか交わらなかったんですよね。
あや
具体的に言うと?
スナフキン
僕は、お金にはこだわらず、いろんな国へ行って、いろんな文化に触る仕事ができればいいなと思ってたんです。

彼女は結婚もちゃんと考え始めてて、将来の貯金や、現実的なキャリアプランを立ててました。今の僕だと、それができるかどうかすごい不安だと言ってました。

見栄 張介
ちょっと待って。将来のプランの話をしてるのに、お互いに相手が出てきてなくない!?

例えばスナフキンさんが世界に行くような仕事をしたいから、彼女といろんなところに回りたいとかさ!彼女のほうも結婚したいから一緒に貯金をしていきたいとか!

お互いの将来のプランにお互いがいればいいけど、お互い自分の将来だけを言っちゃってね!?

あや
価値観は違うけど、両方やろうと思えばできますよね。「お金持ちになって好きなことやればいいんじゃないの?」みたいな着地点になるとか。

考えをを出し合って、「じゃあ、ここはこうしようよ」というお互いが納得する結論は出せなかった?

スナフキン
そこまで行けば良かったんですけど、その途中に、さっき言った浮気の発覚があったんです。

浮気や不倫に対する人それぞれの捉え方

見栄 張介
あちゃー。それはキツイ!彼女さんは、発覚したとき、すごいショックを受けた感じ?
スナフキン
めちゃくちゃショック受けてたみたいで、いろんな友達に相談してたらしいです。 
見栄 張介
うわーしんどいな。永峰さんみたいに「1年前だし」みたいな感じではないんですね(笑)
あや
1年前だしとは思わないけど、その人にとって、成長する出会いというものはあります。

これは私だけじゃなくて、カール・ロジャーズという偉大なる心理カウンセラーもそう言ってるんですよ。衛星関係です。人には出会いがあるからと。

スナフキン
その衛星関係というのはどういう意味ですか?
あや
カール・ロジャーズの『結婚革命』という古い本に書かれています。

ある事例で、カウンセリングに来る夫婦がいるんです。夫婦関係があまりうまくいってなくて、妻のほうが別に好きな人ができて、浮気状態になります。

つまり妻にとっては今2人の男性が必要なんだという考えです。2人と一緒にいることが自分にとっての幸せであり、夫にも貢献できるし、相手の男性にもメリットがあるということで、お互いロジャーズのカウンセリングを受けながら、夫がこれを許容するんです。

最終的にはその男性とは別れることになって、夫婦になるんですけど。

2人の関係の本質や、自分が生きるためにその関係が必要だということを理解していれば、結婚は制度に過ぎないし、不倫したら悪い、浮気したらいいなんていうのは日本の狭い価値観です。

フランスの大統領は愛人の席を1番からずっと用意して称賛されてるわけですから、それは文化によっても違うものなんです。

これを踏まえた上で、衛星関係というのは、自分の周りを回ってる不思議な関係のことだと思うんです。

『結婚革命 パートナーになること』カール・R・ロジャーズ(サイマル出版会)

見栄 張介
俺も実際相談に来た人で、まさにそういう人がいたわ!
あや
だから、彼女が会ってくれるとき、スナフキンさんにひかれているところがあるから会ってるけど、世間的な縛りだったり、浮気されたことが許せない気持ちの葛藤があるから、揺れているという気がします。

他にもそういう人を私も見栄さんも見てるし、これからスナフキンさんと彼女と2人でより良い関係を創ってていくことはできると思います。

天秤や損得ということとは違うところでやっていけるんじゃないかと思うんです。

復縁したいから、会いたい、話したい。でも…

見栄 張介
そういえば!彼女に「近いから」と言われたということは、友達としてはいいけど復縁とかは警戒してるとか、そんな感じですかね?
スナフキン
写真とかメッセージとか送ったことが近いということだったと思うんです。

相手は距離を置きたいのかなと思って。

見栄 張介
実際どんなメッセージを送っていたんですか?メッセージの内容がちょっと…アレな内容とか…!(笑)
スナフキン
付き合いたいとか復縁したいとかです。
見栄 張介
じゃなくて!!!もしや「会いたい」とか「話したい」とか、こっちの要求ばかり送ったりしたんじゃないですか? 
スナフキン
あると思います。僕が会いたい気持ちを出さないと会えなかったので。
見栄 張介
あーなるほど。相手がちょっと引いちゃったかもな!
あや
女性も同い年の22歳ですよね。それを乗り越えることって彼女にしかできないと思います。今は静かに考えたいんじゃないですか。

あとは相談文から感じたんですけど、彼女に見合う大人になりたいって思ってますよね。それは、彼女の評価のために生きてることになってしまいますよ。

スナフキン
ちょっとそれは違うと思います。
あや
どうしてですか?
スナフキン
さっきも言ったとおりじゃないですか。彼女との関係の中でちゃんと稼いで将来が考えられるような人になりたいんです。
あや
本当に彼女が生きることの目的にはなってないですか?この考えだと、彼女が望むような人になるということになっちゃうじゃないですか。

それよりも、スナフキンさんらしく生きながら、彼女に伝えられることってたくさんあると思うんです。

彼女に見合う人になるんじゃなくて、スナフキンさんらしさってあるじゃないですか。真面目さとか、傷つけてしまったって真摯に捉えられる誠実さとか。 

見栄 張介
話聞いてても、丁寧で、真摯だなって思いますよ! 
あや
そういう力を使って、力を高めて、何か彼女に対して心を動かすことはできるんじゃないかと思うんです。だから見合う人になる必要はないと思うんです。

むしろ、自分らしく好きなことをして、お金も稼げるようになって「君が言うこういう世界より、こっちが魅力的だぞ」って言えればいいと思うんですよ。 

スナフキン
そういうことだったら納得です。

相手に合わせるだけではなく、自分らしさで関係を深めること 

見栄 張介
でもさー!この状況でスナフキンさんに加害者意識があるときって、どうしても相手に合わせちゃう気持ちはあると思うんだよなぁ。加害者意識があるうちは厳しくない?
あや
相手の気持ちが分かるようになることと、相手に見合う人になることは違うと思います。

気持ちが分かる人になりつつ、スナフキンさんが持っている良さで、もっと伝えることってできると思います。

彼女が望むような人になろうとしてたんですか?それとも、自分らしさで彼女との関係を深めていくために生きようという感じでいたんですか?どっちですか?

スナフキン
それを今すごい悩んでるんです。
あや
でしたら、見栄さんがおっしゃってた加害者意識が強いと、相手に合わせようとしてしまうから、しないほうがいいと思います。

だって、スナフキンさんだけの良さが相談文から伝わってくるんですよ。すごく律義に書いてあって、付録まで書いてもらって、気遣いを感じます。

見栄 張介
スナフキンさんが元カノが求めることを与えてあげようって思う気持ちは、すごいいいと思う!でもそれに囚われると、スナフキンさんが本来持っている魅力が半減しちゃいますね。もったいねー!
スナフキン
でも留学した矢先にこういうことがあって、せっかく留学したのに、結局成長するどころか退化してると思ったんです。自分の良さってあるのか?ってなったんですよね。

自分も人として尊敬できるような、彼女に見合うようなパートナー像を目指すというのはいいんじゃないかという思いがあります。

あや
スナフキンさんらしくいたほうが、私はいいと思います。

相談文読んで、すごく私の話や本を丁寧に読んで、自分でそれを深めて、何かやろうという思いが、文章見るだけで分かったんです。だから、ぜひ相談を受けたいって思ったんですよ。

特に読みやすいように書いてくれるって、私には全然できない気遣いなんです。いつも見栄さんに読みにくい相談文のまま送るんです(笑)

人は過ちを犯すものです。人を傷つけずには人は生きていけないから。

そういうときに自分は加害者なんだと、心底罪悪感を持てるところは、それこそが魅力なんじゃないですか?

スナフキン
新しい考え方だと思って、感激しました。
あや
『嫌われる勇気』に書いてあるぞ(笑)それはいいとして、スナフキンさんの魅力を知ってるから、彼女も葛藤してるんだと思います。

最後になりますが、スナフキンさんから気づきとか感想等、何かあれば、教えてください。

スナフキン
嫌われる勇気』を読み直そうと思いました。
あや
分かりました。

じゃあ最後にスナフキンさん、「また来週」と言ってもらってもいいですか? 

スナフキン
それでは、また来週。
あや
ありがとうございました。
見栄 張介
どうもありがとうございます!

まとめ

いかがでしたか?今回は「復縁」にまつわる相談から、恋愛関係そのものについて深く掘り下げていきました。

交際関係が破綻しても、お互いの未来の終わりではないということです。

別れてから初めて気づくこともあるのです。

彼女と別れて、吹っ切れた方もそうでない方も、考え方一つで自身の今後の人生に大きな変化をもたらすこともあります。

世間の固定観念に縛られて諦めるのではなく、もう一度自分と相手について見つめ直してみてはいかがでしょうか?

そうすれば、2人の未来はより明るく照らされることでしょう。

【無料プレゼント】『一瞬で女を落とす女性心理操作術』を今スグ受け取る

【無料プレゼント】『一瞬で女を落とす女性心理操作術』を今スグ受け取る
未分類

現在2550人が実践!なぜ、この”無料”通信講座の参加者は、たったの1ヶ月で6人もの美女から告白されるモテ男になったのか?

あなたは信じないかもしれないですが、これは本当の話です。

この「無料通信講座」に参加した方は、実際に1ヶ月間で6人もの美女から告白され、そのうちの2人と交際中です。

他にも「半年間で5人の女性から告白された」「1ヶ月で3人の女性からデートに誘われた」「好きな女性と付き合えた」というレベルの成功者は、おそらく9割を超えていると思います。

その多くは、恋愛経験が浅い、正直モテない方ばかりです。

ではなぜ多くの方は、それだけのモテ力を手にできたのでしょうか?

それは、“あること”に集中したからなのです。
今回の『超実践的 一瞬で女を落とす9つの恋愛心理操作術』オンライン無料通信講座では、メール、音声講義で、恋愛初心者でもすぐに理解できる内容を、30日間“完全無料”でお届けします。

今すぐ、下記のボタンより、ご登録ください。

詳細はこちらから>>